鎌倉岳(常葉)

2020.10.16(金) 日帰り
picky
picky

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

鎌倉岳(田村市) 福島県内に同名の山が二つあるので、こちらは常葉鎌倉岳とも呼ばれます。 突き出た三つの岩峰が印象的です。今回は第二峰まで。 (単独行) 【萩平登山口~山頂】 萩平駐車場をスタート。 どこからか正午のチャイム。 ウェルナーの「野ばら」です。 登山口からしばらく単調な登り。 石切場跡地で行動食を口にして一息つきました。 すでに海抜も750m、木々の間に大滝根山が垣間見えます。 石切場跡からが本当の登坂。 足場も周囲も露岩が目立ちます。 沢も見当たらないのに水音? 岩の隙間から伏流水の音が聞こえました。 急登が続きますが、登るごとに風景が変化し、飽きません。 【山頂】 尾根から丸太階段を登ると主峰山頂(967m)です。 まずは天日鷲(あめのひわし)神社にご挨拶。 眺望は360度の絶景です。 大滝根山、移ヶ岳、日山、口太山・・・ 阿武隈山系の真っただ中にいることが実感されます。 さらに西には那須・磐梯山・安達太良・吾妻の山影。 そして東には山並みの切れ間からうっすらと太平洋。 先客さんとしばし話し込んでしまいました。 【第二峰】 鎌倉岳は痩せた尾根に三つの岩峰を備えています。 とりあえず第二峰まで行ってみました。 主峰から尾根まで30mほど、かなりの急斜度を直降。 尾根は肩の高さの笹を分けましたが踏み跡ははっきりしています。 最後に岩をよじ登って岩峰上に出ました。 主峰を見返すと、ずいぶん急な斜面だったことが分かります。 第三峰まで行きたい気もしましたが、笹藪が深そうでした。 時間も考え、やはり今回はここで引き返すことにしました。 【下山】 独り占めの主峰で遅い昼食をとり下山。 石切場跡から、椚平登山口に下ることとしました。 こちらは傾斜も緩く道幅も広いので、石切場からの運搬道だったのでしょう。 後半で分岐を見落とし、コースアウトして太陽光発電設備の脇に出てしまいました。 国道を歩いて駐車場に戻りました。 駐車場付近でイノシシ🐗に遭遇。 写真を撮る間もなく、ヤブの方へ消えて行きました。 そういえば周辺の農地に電気柵が張られていました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす