三嶺(1893)

2020.01.18(土) 日帰り Kochi, Tokushima
趣深山
趣深山

活動データ

タイム

06:40

距離

6.8km

上り

1,194m

下り

225m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

令和2年1月18日 三嶺(1893) 【日時】2020 令和2年1月18日 【天候】 雪 曇 晴 【コース】菅生 三嶺(1893) 阿佐名頃線 菅生 【記録】 いやしの温泉郷 発 4:23 --- 林用作業小屋跡 6:05 --1791m標高点 8:10 --菅生下山口標識 8:39--- 三嶺ヒュッテ 8:43 --- 三嶺 (9:12-9:41) --- 縦走路途中で引返し 11:03 ---林道阿佐名頃線 14:26 --- いやしの温泉郷 着 15:35 令和2年1月18日 三嶺(1893) 【日時】2020 令和2年1月18日 【天候】 雪 曇 晴 【コース】菅生 三嶺(1893) 阿佐名頃線 菅生 【記録】 いやしの温泉郷 発 4:23 --- 林用作業小屋跡 6:05 --1791m標高点 8:10 --菅生下山口標識 8:39--- 三嶺ヒュッテ 8:43 --- 三嶺 (9:12-9:41) --- 縦走路途中で引返し 11:03 ---林道阿佐名頃線 14:26 --- いやしの温泉郷 着 15:35 【山頂】 暖冬で雪が ない状態だったが ここにきて 雪がふり 少し積もった。 雪の降るなか 未明の いやしの温泉郷 出発。 一気に積もった 新雪は底まで潜るので 積雪量自体は少なくても チョット手ごわい、さて今日は どこまでいけるか。 樹林帯も雪が積もり 次第に増えていく。 途中 休憩中に 後続の元気のいい 単独行のかたに 追い抜かれ、ラッセルを代わってもらったが、単独行のかたは 三嶺ヒュッテで休憩。 ここから 先頭で まっさらの新雪の山頂へ。 ■三嶺「マイナス6.4度 風速7-4m 北 ガスが流れ 時折切れて 天狗塚が見える。時折 薄日もさす」(累計登頂回数 644回) 縦走路へはいると 吹き溜まり箇所など 塹壕堀状態箇所では なかなか 進まない。 雪が十分 多ければ 積雪の上を 自由に コースをとれる。 だが、雪の少ないとき 夏道が露出しているのに 少しでも楽をしようとして 登山道わきの 雪の少ない笹などを 積極的に 歩くのは 私の主義ではない。 雪面上を 自由なコースをとれるだけ 積雪量が多くなるまでは できるだけ 夏道を選定して歩くのが わたくしの方針。 この方針で歩く限り 時間は かかるだけ かかる。 結局 1時間半かけて 縦走路 約1㎞。時間は 日帰山行の判断ポイントの11時。 このペースだと とても 天狗塚までは 届きそうもなく、大タワまで下りてしまうと登り返しが とても大変。 このさきの所要時間を計算して 縦走断念するには 早めに したほうがいいと判断。 縦走を中断し、引き返し 三嶺西峰から 林道阿佐名頃線へ下山、林道を歩いていやしの温泉郷へもどる。 引き返し途中で 天候も すっかり回復して、ゆっくり下山しながら 石鎚山系 太平洋 など 贅沢な遠望を楽しむことができた。 2020 令和2年1月18日現在 累計山行日数 1873日(内 四国 1484日) 【写真】 flickr https://www.flickr.com/photos/shumiyama/albums/72157712732636071 【ブログ】 https://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/d64dc21b09270cc8ab8eac512c795f42

動画

活動の装備

  • HITOCOCO
    その他
  • COCOHELI(ココヘリ)会員証
    その他
  • TH-D72
  • FT2D

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。