【日本百名山】利尻山にぼっちで登ってみた 強風濃霧後晴れ

2019.07.30(火) 2 DAYS Hokkaido
sarimakashih1226
sarimakashih1226

活動データ

タイム

10:08

距離

18.3km

上り

1,675m

下り

1,869m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

毎年恒例の家族旅行、家族をうまく言いくるめて(笑)今年は利尻島にやってきました。 私はもちろん利尻山登山がメインですが家族は利尻礼文観光とバフンウニが目当てということで、1日だけ単独行動させてもらい利尻山に登ってきました。 8合目まではイヤになるくらいの強風とガス、挙句の果てに濡れた木々が風であおられ身体は濡れまくり。 途中で帰ろうかと思いましたが、そこから急に風がおさまりガスも徐々に抜け視界に恵まれました。 頂上に着いた時の達成感が今までで一番だったかも? 途中軌跡がおかしなことになってますが、道中はひたすら登りの一本道、よく整備されており非常に登りやすかったです。 下りは天候が回復しテンションが上がったため海辺まで行き海抜0メートルまで下山してみました。 利尻山とても素晴らしい山でした また来るからねー⛰

日曜日に新千歳から乗り継いで利尻入り🛩 タラップを降りると利尻空港のバックには利尻山がドーン⛰ このシチュエーションはたまりませんね まぁ明日からは天候が悪そうということで火曜日に登山予定としました
朝4時、宿の人の送迎で北麓野営場まで車で到着🚙 この時点で風速約10メートル、登山のモチベーション半分以上萎えてます(笑)
最初で最後の水場です
この湧き水はほんのり甘く感じて本当に美味しいです
ここから1500メートル登り続けます
ロマンチックな名前の橋ですが至って普通の橋です
既に強風で気分が上がりません
写真も投げやり(笑)
でも登山道の雰囲気は最高です
容赦なく風速10メートル以上の強風が襲ってきます🍃 ガスで何も見えないので見晴台からの写真も省略😣
もう風といいガスといいおまけに雨なんだが木々の露が落ちてきてるのか身体が結構濡れます
強風に耐えながら一生懸命に花を咲かせています
ネーミングセンスいいですね😊
ここから少し急になってきたかな
昔の北海道庁長官が登ったから長官山と名前がついたみたいです もちろん景色は霧のみ😖
長官の登山記念の石碑なのかな しかしガスと風は一向にやみません
もうどうにでもなれという感じで進んでいきます
晴れてれば素敵な景色が見えるのでしょうね😞
晴れてれば気持ちのいい稜線歩きなんでしょうね😞
避難小屋で朝ごはんのおにぎりタイム🍙
まだまだ霧は晴れません
南側に出たからでしょうか、風が少しおさまりかつ少しガスが抜けてきたかも
頂上がうっすら見えてきました
でもまだ横風結構あります
実際ここからが利尻山の本番かつクライマックスです
何気にベンチが置いてあります トイレブースもありました
整備してくれている方のお陰でザレ場も楽に歩けます 右手ロープ奥の崩落地帯に足を踏み入れると滑落するので注意です⚠️
後ろを振り向くと見事な絶景
鴛泊港が見えるくらいに視界が良くなってきてテンションもアゲアゲ⤴︎⤴︎ 雲がなければ礼文島も見えるんだけどなー
何枚も花の写真を撮っていますが何一つ名前がわかりません(笑)
登山者達が歩き続けた結果、約3メートルほど登山道の侵食が進んでしまったそうです
山頂まであとちょっと
赤いのが頂上でその横にそびえ立つのはロウソク岩と呼ばれています
ザレ場が続くので油断禁物です😠
利尻山登頂完了(・ω・)ノ 厳密には北峰の山頂で祠があります 先客が1人いらっしゃいました
船のスクリュー?プロペラ?が祠に奉納されています
利尻山南峰へと向かう道 南峰の方が2メートル北峰より高いですが崩壊して危険な為今は立ち入り不可でロープが張ってありました
ロウソク岩のインパクトが強い😏 沓形方面はガスだらけですかね
いかにもお賽銭ちょうだいって笑顔をしてるので私もつい投げ銭しました😚
眼下に見えるのは三眺山で合ってるかな? 眺望の良さに思わず約1時間も居続けてしまいましたのでそろそろ下山します と言ってもまだAM9時🕘
沓形コースの悶絶トラバース親不知子不知に行きたかったのですがど素人の私には危なさそうなので鴛泊コースをピストンで下山します
一面が高山植物でいっぱいです
朝方の強風はどこに行ったの?ってくらい風が穏やかになりました
咲き乱れる花の中を歩くのはいいのですが、下がかなりぬかるんでいるのでドロドロです
わずかに残る雪渓 長官山からの縦走路が見応えありますね
登りの霧だらけの眺望との違いが凄まじい
どうせ登るならやっぱり晴れがいいですよね☀️ 下りの写真ですけど天気が回復してくれて嬉しい😆
ていうかむしろ暑い😵
見晴台からの景色 登りは濃霧で何も見えませんでした
何回飲んでもこの水はうまーい😋
ここで泥を落とせます
本当は登りの時に撮りたかったのですが忘れてたので帰りに📷 もちろん登り前にしっかり洗いましたよ
野営場管理棟まで戻ってきました 奥に利尻山が見えます
キャンプ場が併設されているので、ここから登る方も沢山いらっしゃいます この時期の利尻はどこも宿泊料金が高いです🥺
帰りは海抜0メートルを目指し海辺まで歩きます 苔むした歩道が歩いていて癒されます😊
矢印の下がペシ岬 北海道ならではの標識?ですね
ペシ岬
キャンプ場から約1時間、フェリーターミナルまで歩いてきました🚶‍♀️
ちょうど稚内発のフェリーが着船しました🛳 利尻山の山頂付近に雲がかかり始めています☁️
岸壁まで来たのでこれにて下山完了 山頂から海までの逆sea to summit ですね⛰🌊
おまけでペシ岬登ってみたけど結構急登でした(笑)
稚内 サハリン方向を眺めながら1枚📷

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。