トランス静岡 アドベンチャートレイル

2019.06.09 2 DAYS Shizuoka, Yamanashi

活動データ

タイム

15:47

距離

44.9km

上り

3,549m

下り

4,358m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

TJARは到底無理だけど、 これならなんとか頑張ったらいけるかも…?!😆 と無謀にも参加してみました😁 トランス静岡はレースではなく 誘導もありません 梅ヶ島温泉・安倍川の源流から安倍東陵を縦走する スキル等ワンステップ上を目指すトレイルランナーや登山愛好者に提供されたイベントです 約46kmのコースなのに エイドは1ヶ所 (関門2ではボランティアさんの私設エイド有) 行動中の飲食料は基本自分で持って、 マップはもらえるので 自分で地図を読みながら進んでいきます すでにコース上の山に登ったり 過去に参加した事がある人はマップも必要ないかもしれませんが、 意外にもコースアウトする人が多いらしく 実際に今回参加2回目なのに 前回も今回もコースアウトしてしまった方がいて 地図読み力も試されます (ちなみにトレイルランナーでスピードにのったまま分岐を通り過ぎてコースアウトしてしまう方も多いらしい💨😁) お天気はあまり、いや、かなりよろしく無く、 強風が吹き荒ぶところがあったりで 過去3本の指に入るほどの荒天だったとか😵 トレイルは雨と UTMFに参加していたり TJARを目指しているような強者猛者の皆さんが駆け抜けた後を進むため、 グッチャグチャのニュッルニュルのツッルツル🤪 先週の忍野で快調だった下りも 今回は全くで、 map1の十枚山の時点でスタートから既に4時間超😱 目標タイムを大幅に上回る時間が掛かってしまっていて、 こりゃ大丈夫かいな😵 結局、早さよりも忍野の時にみんなでお話した 「お金払って参加してるんだから、制限時間いっぱい楽しもう!😆」作戦に変更😁 (そもそも遅いんで、早さとか言える身分じゃないですが😅) あんまり周りの景色を眺めて堪能する時間は無かったけど、 ガスガスでとっても幻想的な雰囲気は ジブリの世界のようで そんな中を梅ヶ島温泉からずっと 登って、歩いて、走って、 貴重な体験ができました 特にスタート後の安倍峠〜湯ノ岳までは試走に行っていなかったので 今度ハイキングでゆっくり行ってみたいですね🌲 唯一の真富士峠のエイドでは(関門1) 軽装のトレイルランナーが 雨と強風と 飲食料の不足で何人かリタイアしていました 出発前から生足・半袖で 「寒くないんですか?」 って聞いたら 「動けば暑くなるから」 と言っていましたが、 距離も距離だし 夜中から雨降ってたしで 私もなるべく荷物は減らしたかったけど 上下のレインウェアをちゃんと持って行って正解でした 多分、私もいつもの山走りに行く感じでいたら リタイアしていたと思います コースを制限時間内に踏破する事も目標の1つですが、 状況と自分の能力に合わせて準備をするスキルも試されるイベントだと実感 単に早くゴールすれば良いだけでは無いところ、 「慣れに甘んじると自分を危険にさらす事になるよ」 と戒められたようで そんなところも魅力だなと思いました 文珠岳を過ぎてからはヘッデン付けて ナイトハイキング?ランニング?💡 こんな事でもないと 1人で真っ暗闇のトレイルを動くことはそうそうないと思うので、 これも貴重な経験 関門2の鯨ヶ池に着いたら 温かいお味噌汁と 優しくてフレンドリーなスタッフにほっこりしてしまい、 ついでに私の天敵・ヒルの話が出たところで なんと!私の頭にヒルが乗っかってると みんなでワーキャーして😱 30分も休憩😪 (どっから連れてきてしまったんだろうか…🤔) ここから先は最後の山になるけれど 一本松(茶臼山)までは 高低差は今までの山々よりは小さいけれど 地味にアップダウンを繰り返すようなコースなので 最後の脚に追い打ちをかけられっぱなし😵 でもなんとか制限時間内に ケガもなく無事帰ってこれて 良かったぁ〜😙 参加するにはいくつか条件がありますが、 年2回開催されているので 機会が合えばまた違う季節の時に参加してみたいと思ったイベントでした (もちろん次はもっと早くゴールできるように😁) ※ということで、記録したかった景色はたくさんあったけど、時間も長くてスマホの充電が心配だったため道中の写真は無しです😁

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。