こーきち こーきち

こーきち

YAMAPプレミアム

ユーザーID: 370988

  • 広島で活動
  • 1968年生まれ
  • 広島にお住い
  • 男性
地図に足跡👣を残すような山行をしたいオヤジ。 広島県内の里山を中心に繋ぎまくってます🎵 三角点は大切に(^^) v ※情報の少ない山やルートは、あえて状況説明や写真多めでお伝えしてまいりますので、サラッと流したい方には閲覧をおススメしません笑 ※藪レベルの目安(正規ルートを示すものではなく、あくまでも主観的なもので踏み跡が無い場合等、状態により適宜1程度上げて下さい笑) 0(無藪):整備された一般登山道や遊歩道など、よく踏まれている登山道。管理道や仕事道、獣道でも見られ道迷いの元となる場合もあるので注意。 1(微藪):高さは胸以下の柔らかい藪で周辺視界は良好。歩行速度はほとんど落ちず、耐性があれば短パンでやり過ごす事も可能。ザコ藪。 2(弱藪):高さは頭上を越えることもあり、手で漕ぎ始める"藪漕ぎ"となり抵抗を感じ歩行速度は落ちる。長袖長ズボン着用は必須。 3(中藪):灌木地帯は樹勢が強く手足に生傷が出来始める。倒木、イバラ、蔓等混入し歩行速度は大幅に落ちる。鉈や鋸、鎌等の装備が望ましい。 4(強藪):視界はほとんど利かなくなり、鉈や鋸、鎌、皮手袋等の装備無しでは歩行・脱出が困難になる。藪に突っ込んだ事を後悔する。 5(猛藪):猛烈な藪で地面に着地できず体は宙に浮き、漕ぐどころではなく押し返される。前後左右また時には上空も見えず遭難も頭によぎる。 6(烈藪):今までかつて経験した事がないような想像を絶する藪。 ※最近タイムラインが追えなくなりつつあるため、大変申し訳ないのですが、自然に対する畏敬の念を持ち末永く楽しめる山レポを投稿してくださる方を優先して参ります。長期に渡って活動実績の無い方や、一方的に投稿頻度が多くてあきらかにレポの内容を見て頂いてないと思われる方などはフォローを解除させていただく場合があるのでご容赦ください。 アイコンは故郷土佐宿毛湾のだるま夕日で、広島人のソウルカラーである赤を表現しております。