難易度
1
体力度
2
難易度・体力度とは?

湧蓋山の基本情報

  • くじゅう連山の最西端に端正な姿を見せる独立峰
  • 広々とした山頂は九重の山々を見渡す絶好の展望台
  • 大分側、熊本側のいずれの登山口にも温泉が湧く

熊本県小国町と大分県九重町にまたがる涌蓋山は、円錐形の均整がとれた山容から「小国富士」「玖珠富士」とも称される。山麓は日本有数の地熱地帯だけに、峐(はげ)の湯や筋湯などの温泉が点在し、格好の登山拠点となっている。くじゅう連山や阿蘇山などの大パノラマが楽しめる山頂へは、熊本側から1コース、大分側から4本のコースがある。よく利用されるのは熊本側のはげの湯コースと大分側のひぜん湯コース、八丁原コース。いずれも危険箇所がなく初心者でも問題なく歩けるが、コース上部は草原で遮るものがなく、雷雨や濃霧に注意したい。通年登れる山だが、6月のミヤマキリシマの開花期と10月の草紅葉の頃がベストシーズン。

湧蓋山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

湧蓋山の主要ルート

難易度
1
体力度
2

やまなみハイウェイ瀬の本高原から北進、筋湯方面へ、スキー場(ここが八丁原登山口)を過ぎ、筋湯温泉街へ左折、直前に涌蓋山登山口の看板あり。ひぜん湯は、現在営業はしておらず、登山専用駐車場となっている。有料300円。周回する場合は、スキー場側へ下山し、車道を30分程登山口まで戻るコースとなる。頂上は、遮るものがないので、展望は良好、また比較的広いので昼食スペースも豊富。少し距離があるが、ミソコブシ山や一目山を経由する方が、変化に富んで面白い。尚、一部踏み跡が判り辛い場所や藪コギ(夏季)があるので、GPSで方向を確認しながら進むと良い。

湧蓋山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

湧蓋山周辺の天気

3月の気温

  • 最高気温 19.2
  • 平均気温 7.3
  • 最低気温 -4.5

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 03.06(土)

    200

    137

    30%

  • 03.07(日)

    211

    186

    10%

  • 03.08(月)

    200

    165

    40%

  • 03.09(火)

    101

    177

    20%

  • 03.10(水)

    201

    186

    30%

  • 03.11(木)

    202

    159

    50%

  • 03.12(金)

    200

    1510

    40%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(大分県玖珠郡九重町大字湯坪)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

湧蓋山周辺の山