石狩岳の写真
読み方:いしかりだけ

石狩岳

1967 m

体力度
4
体力度とは?

石狩岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

石狩岳のモデルコース

石狩岳の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

石狩岳の基本情報

出典:Wikipedia

  • 石狩連峰、東大雪山の主峰で日本海側と太平洋側の分水嶺もなしている
  • 石狩川の水源であることから山名がついた
  • ナキウサギが生息していることで有名
石狩岳(いしかりだけ)は、北海道中央部、石狩山地にある標高1,967 mの山。山頂は上川町(石狩国)と上士幌町(十勝国)の境にある。名称は石狩川の水源であることから付けられた。大雪山国立公園に属している。 稜線は北東-南西方向に伸びている。北東へ辿ると音更山(1,932m)、ユニ石狩岳(1,541m)、三国峠を挟んで三国山(1,541m)と続いており、この稜線は上川町と上士幌町の境をなし、日本海側と太平洋側の分水嶺もなしている。これらの山々(三国山は除かれることもある)を指して石狩連峰と呼び、石狩岳はその主峰である。 南西へ伸びた稜線はまもなく南へと方向を変え、ニペソツ山(2,013m)、丸山(1,692m)、ウペペサンケ山(1,848m)と続いていく。石狩連峰とこれらの山々は大雪山の東に列をなしていることから、総称して東大雪と呼ばれる。 石狩連峰は日高山脈と同様の褶曲山脈であり火山ではない。森林限界は1,600m程度にあり、その上部はハイマツ帯である。北西斜面に石狩川の、南東斜面に音更川(十勝川の支流)の水源がある。

石狩岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

石狩岳周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

石狩岳周辺の山

YAMAP STORE