つばくろだけ

燕岳

2762 m

難易度
2
体力度
3
難易度・体力度とは?

燕岳の基本情報

  • 比較的登りやすく、北アルプスデビューにも向く人気の山
  • 北アルプス三大急登のひとつ、合戦尾根を登って頂へ
  • 白くまぶしい花崗岩の山頂ではコマクサの群落が見られる

日本海側の犬ヶ岳から乗鞍岳へと続く北アルプス(飛騨山脈)を構成する連山・連峰のひとつ、常念山脈の一座。長野県安曇野市と大町市の市境にそびえ、槍ヶ岳を経て上高地へと下る表銀座コースの出発点でもある。山頂部は花崗岩からなる独特の白い山体を持ち、点在するコマクサの群落が彩りを添えている。登山口は中房温泉で、ここから北アルプス三大急登・合戦尾根(他は烏帽子岳ブナ立尾根と剱岳早月尾根)の登りが始まる。標高差1300m弱、ひたすらの登りはなかなかこたえるが、ゆっくり着実に登れば何とかなる。途中の合戦小屋(休憩のみ)で販売されるスイカのうまさは、大汗を絞られた者にしかわからないだろう。山頂手前に立ち、遠く槍・穂高連峰を望む燕山荘では、喫茶室サンルームのケーキが大人気だ。

燕岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

燕岳の主要ルート

難易度
2
体力度
3

標高1450mの中房・燕岳登山口から登る。登山口付近の駐車場はシーズンになると大変混雑する。穂高駐車場を利用しバスで登山口に向かうのもよい。電車の場合は大糸線穂高駅からバスに乗る。最初は樹林帯続き、途中途中のベンチの休憩ポイントを抜けて行く。その後合戦小屋を通り過ぎ、燕山荘が見えてくる。宿泊の手続きを済ませてから、山頂へ。イルカ岩などの花崗岩の奇岩を楽しみ、またコマクサも多く咲く。植生保護のため指定コースから離れないようにしよう。小屋の前からは朝日がよく見える。復路は往路下山。危険箇所なども特にない。

燕岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

燕岳周辺の天気

12月の気温

  • 最高気温 8.9
  • 平均気温 -5.7
  • 最低気温 -16.6

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 12.02(水)

    201

    131

    30%

  • 12.03(木)

    206

    91

    50%

  • 12.04(金)

    201

    111

    30%

  • 12.05(土)

    101

    130

    10%

  • 12.06(日)

    201

    131

    30%

  • 12.07(月)

    200

    124

    40%

  • 12.08(火)

    201

    114

    30%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(長野県大町市平)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

燕岳周辺の山