読み方:やまとかつらぎさん

大和葛城山

959 m

大和葛城山の写真
体力度
2
体力度とは?

大和葛城山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

大和葛城山のモデルコース

体力度
2

体力度
1

大和葛城山 北尾根〜櫛羅の滝コース

  • 初級
  • 3時間52分
  • 6.3 km
  • 735 m
体力度
2

葛城ロープウェイ前から、ロープウェイは利用せずに、ロープウェイ葛城登山口駅の前の道を進み、道標にしたがって北尾根コース(秋津州展望コース)に取り付く。ところどころで田園の映える町の展望を楽しむことができる。頂上付近は展望がよく、5月には圧巻のツツジの大群生が楽しめる。下山は櫛羅の滝コースを使い、最終的には登り口と同じ葛城登山口に戻ってくる。なお、葛城登山口までのバス便は少ないので注意。タクシー利用の場合は御所駅から15分、約1500円。

大和葛城山の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイム紅葉モニター

大和葛城山の基本情報

  • 春は“一目百万本”のヤマツツジが咲く金剛山地の名山
  • 山頂からの眺望が抜群な大阪府の最高峰
  • カタクリ、ショウジョウバカマ、ススキなど山野草が豊富

奈良県と大阪府にまたがり、金剛山地のほぼ中央に位置する。大阪府の最高峰(最高地点は金剛山)でもある。この山の魅力はなんといっても山頂一帯にあるヤマツツジの大群落で、例年5月上旬から咲き始め中旬に見頃を迎える(直前に要確認)。山が赤く染まる“一目百万本”を一度は眺めてみたい。山腹には空海ゆかりと伝えられる礎石や石垣などの史跡も残り、春の花から秋のススキ・紅葉、冬の樹氷など1年を通して味わいのある山である。奈良県側、大阪県側から何本もの登山コースが延びるが、奈良県側から北尾根を登って自然研究路経由で山頂に至り、くじらの滝へと下るコースが人気だ。山上部には国民宿舎葛城高原ロッジが立つので、1泊してご来光を眺めるのもおすすめ。

大和葛城山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

大和葛城山周辺の天気

12月の気温

  • 最高気温 24
  • 平均気温 6.5
  • 最低気温 -1.8

年間の気温

最高気温 最低気温

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

大和葛城山周辺の山

YAMAP STORE