軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真
和田 沢井川
もみじ。
りんどう見つけました💜
軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真
軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真
軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真
雲も絵になります
軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真
軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真
軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コースの写真

モデルコース

軍刀利神社-佐野川峠-茅丸-連行峰-醍醐丸-醍醐峠-和田峠 周回コース

  • 7時間02分
  • 12.9 km
  • 1226 m

コースマップ

タイム

07:02

距離

12.9km

上り

1226m

下り

1226m

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 64
    13

    06:25

    13.6 km

    1176 m

    生藤山・陣馬山

    生藤山 (神奈川, 東京, 山梨)

    2022.11.28(月) 日帰り

    神奈川県営鎌沢駐車場に車をとめて、三国山、生藤山、茅丸、醍醐丸を回って、和田峠から陣馬山へ。一ノ尾尾根を和田バス停に下り、鎌沢駐車場に戻りました。 和田峠まではほとんど人に会いませんでした。 薄曇りで空が白くて分かりにくかったですが、富士山が見えました。 標高500mあたりの紅葉がきれいでした。

  • 33
    9

    05:13

    13.3 km

    1182 m

    三国山〜生藤山〜茅丸〜陣馬山 冬枯れチルアウト。

    生藤山 (神奈川, 東京, 山梨)

    2022.11.24(木) 日帰り

    ワールドカップドイツ戦の興奮から一夜明けたこの日。睡眠時間3時間で神奈川までクルマを飛ばす。まるで日本代表の勝利を祝福するかのような晴天が眩しい。 山は紅葉の時期を終え、冬枯れが始まっていた。澄んだ空気と、葉が落ちて景色が広がるこの時期の低山が大好きだ。 駐車場にクルマを停め、いきなりのアスファルトの急登。地元の人が「ラピュタ坂」と呼ぶこの30分ほど続く激坂が、実はこのコースの核心部だったりする。 しかしその激坂をクリアすれば、アップダウンはあるもののフラットな登山道もけっこうあり、いい塩梅の刺激を受けながらも楽しく歩くことができる。 そしてこのコースのメインは、もちろん最後に控える陣馬山なのだけれど、自分的には茅丸を推したい。 山頂は狭いのだが眺望が素晴らしく、富士山から丹沢、相模湾まで、抜群の景色に圧倒される。よく見れば南アルプスも顔を出している。こじんまりとしたベンチも置いてあり、平日ということもあってか人もおらず、静かな絶景山頂を独り占め。 最高である。 その後、和田峠まで下りるとさすがに陣馬山を目指す人が幾人も。やはり人気のお山。 こちら側から陣馬山を目指すのははじめて。とんでもない階段地獄にすぐに後悔の念が押し寄せる(階段の脇には山頂を目指す巻道もあるのだ)。しかしさすが陣馬山。山頂へ着いてしまえば、その圧巻の大パノラマにそれまでの苦労が全て吹き飛んでしまう。 唯一開いていたお茶屋さんで、それまで歩いてきた稜線と富士山を見ながら温かいなめこ汁をいただけば、そこにあるのはどんなオシャカフェでも味わうことのできない極上のチルタイム。 これ以上何を望むんだい? おしまい。 ■天候 スタート時…快晴。気温7℃。微風 茅丸山頂…快晴。気温10℃。微風 陣馬山山頂…快晴。気温15℃。弱風 下山時…快晴。気温17℃。微風 ■ウェア 上半身…アイスブレーカーメリノシャツ半袖、スタティックアドリフトクルー、山と道オールウェザーフーディー、フーディニパワーリストゲイター、ブラックダイヤモンドメッシュキャップ。 ※最初の休憩時にオールウェザーフーディーとパワーリストゲイターを脱ぐ。 ※茅丸から醍醐丸の途中でアドリフトクルーを脱ぎ、リッジマウンテンギアの長袖シャツにチェンジ。アドリフトクルーは気温が10℃台中盤くらいに上がると少し暑さを感じる。だがオーバーヒートするほどではない。今回は試しにあえてリッジの長袖シャツに着替える。リッジの長袖シャツはこのくらいのコンディションならちょうど良かった。 下半身…山と道5ポケットパンツ ■駐車場…鎌沢駐車場。10台駐車可。平日朝6時過ぎで一番乗り。下山時も他に駐車車輌なし。トイレ水道なし。歩いて15分くらいの最初の休憩所にトイレあり。 ■登山道概況 とにかく最初のラピュタ坂。キツい。焦らずゆっくり登るべし。登山道は整備されており歩きやすい。適度にアップダウンがあるがフラットな区間も多い。途中ピークがたくさんあるが巻道も多いのでピークハントにこだわらないのであれば活用してもいい。この時期あるあるだが、落ち葉が多く、隠れた木の根っこや岩で足を滑らすこと数回。傾斜のある下りも多いので細心の注意を払いたい。

  • 21
    39

    06:37

    13.2 km

    1148 m

    三国山・生藤山・茅丸・連行峰(連行山)・大蔵里山・大蔵里山(東峰)・醍醐丸・高岩山・陣馬山

    生藤山 (神奈川, 東京, 山梨)

    2022.10.17(月) 日帰り

    陣馬山に行きたくて、どうせなら近くの山も一緒に。ということで周回出来るルートで計画。午後から天気が崩れる予報だったので、4時出発。陣馬街道は細くて暗くて見てはいけないものを見てしまいそうでとっても怖かった(^_^;)低山だけど、結構足にきました(汗)

  • 18
    18

    06:39

    13.3 km

    1124 m

    三国山・生藤山・県境沿いに 陣馬山まで

    高尾山・陣馬山・景信山 (東京)

    2022.10.10(月) 日帰り

    本日は親戚と2人で生藤山に。それだけでは物足りないので、東京都と神奈川県の県境の尾根を通り陣馬山まで。まずは神奈川と山梨、東京の中心にある三国山からの峰々を巻道を通らず、敢えて一つ一つ制覇していったが、大蔵里山(東峰)の下りで親戚が湿った階段の丸太で滑って転倒し負傷。醍醐丸だけは巻いた。左太腿をしこたま打っていたので、エスケープルートで下山も考えたが、そっちの症状はないとのことで(左腕の出血はあったが)、予定通り和田峠から陣馬山に。和田峠あたりで雨が本降りになり、富士山や丹沢の眺望はなし。茅丸など通ってきた尾根は一望できた。陣馬そばをいただき、和田登山口に下山。そこから車道を通って鎌沢の駐車場でゴール。

  • 18
    84

    03:55

    13.5 km

    1176 m

    三国山・生藤山・陣馬山

    高尾山・陣馬山・景信山 (東京)

    2022.09.04(日) 日帰り

    二週間ぶりの山行。山梨、神奈川、東京の県境の三国山から陣馬山までの稜線を繋いでみた。 道標も多めで整備された良い登山道だったが和田峠まではスライド0人、静かな山道を気持ち良く歩けた。やっぱり自然の中を歩くって楽しいな。

  • 21
    21

    06:52

    14.0 km

    1301 m

    生藤山から陣馬山へ

    高尾山・陣馬山・景信山 (東京)

    2022.08.27(土) 日帰り

    秋の山行に向けてバカ尾根でのトレーニングを予定していたら、まだヒルがヤバいと聞いてヒルんで、こちらを歩いてみることにしました。 出だしの3時間ほど、道は暗めだしお腹痛いし誰とも会わないし、クマ出没の看板にビビるし、確かにケモノの気配があったし、へっぴり腰で歩いてました。 でも、途中から元気復活! トレランや登山の人ともすれ違うようになり、道も明るくなって、走れるところは走っちゃったり😆 そして、陣馬山でのコーラかき氷🍧が沁みました。 夏山もそろそろ終わりで淋しいですが、秋の山行を楽しみに準備していきます💜

  • 27
    24

    06:34

    13.3 km

    1173 m

    生藤山~陣馬山 周回

    高尾山・陣馬山・景信山 (東京)

    2022.07.16(土) 日帰り

    てんくらで曇り予想だったので鎌沢駐車場から生藤山~陣馬山の周回をしてきました。 自宅出発時は雨も、駐車場では雨も上がっていて道路も乾いてました。県立鎌沢駐車場は10台止められますすが狭いです。 登山口までは舗装路で長い急坂途中、トイレ・テーブルもあるが立ち寄り感は余り無かったです。登山口前に、水場があります。 三国山辺りで雨が降ってきたものの林の中なので余り気にならずに歩けました。和田峠手前で本降りとなり、傘をさして陣馬山へ。道中二人にお会いしましたが頂上には、誰もいませんでした。下山時すぐの階段には雨水が溜まり、浅いなか深いのか分からないので慎重に下り、和田尾根登山口から舗装路となり約2kmを歩き鎌沢駐車場に到着。 全体に大きな段差も無く歩き易い登山道でしたか生藤山頂上直前はちょとした急登。