生駒山・神津嶽・大原山

出典: Wikipedia

生駒山(いこまやま・いこまさん)は、奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある標高642mの山。生駒山地の主峰である。 【概要】 一等三角点が置かれている山頂は奈良県側にある。山上には生駒山上遊園地が開設されている。山上・中腹には、大阪府・奈良県にある各テレビ局の京阪神と奈良県をカバーする送信所(生駒山テレビ・FM送信所)が別々に設置されている。 奈良県生駒市の近鉄奈良線生駒駅から、生駒鋼索線が通じているほか、信貴生駒スカイラインを利用すれば車で登ることができる。 登山道は、近鉄奈良線額田駅、石切駅、生駒駅、近鉄けいはんな線新石切駅からのコースがある。 山腹には現世信仰で知られる宝山寺を中心として、滝の修行場や祠など大小さまざまな宗教団体の施設が設けられている。これらは宗教法人として届けられていないものも多く、その総数は把握されていない。在日韓国・朝鮮人によるシャーマニズム信仰の場である朝鮮寺は生駒山西麓を中心に存在している。奈良県側の山麓に、生駒山の神を祀る往馬坐伊古麻都比古神社(往馬大社)がある。いわゆる霊山としてとらえる人もいる。 近鉄奈良線新生駒トンネル、近鉄けいはんな線生駒トンネル、及び第二阪奈有料道路阪奈トンネルが当山を東西に貫いている。

このエリアについて

掲載されている山

生駒山, 神津嶽, 大原山, 飯盛山・高安山・信貴山・高尾山

  • 難易度
    2
    体力度
    2

    信貴山(しぎさん)は、奈良県生駒郡平群町に位置する山である。 奈良百遊山の一つに選定されている。 名称は聖徳太子が物部守屋を攻めたときにこの山で毘沙門天が現れ、太子が信ずべし、貴ぶべしといったことに由来すると伝わる。 外観は雄岳と呼ばれる北峰(437 m)、および雌岳と呼ばれる南峰(400.5 m)の二峰からなり、花崗岩を基盤とする安山岩質の岩石から構成される。 生駒山地は西側(大阪府側)が断層により急傾斜しているのに対し、東側(奈良県側)は比較的傾斜もゆるく、侵食の進んだ樹枝状の谷が稜線近くまで発達している。このような特徴から信貴山の東側は中腹まで住宅地や樹園地・水田が分布している。 南側山腹には信貴山真言宗朝護孫子寺が建ち、山頂には山城である信貴山城があった。 山頂から北へ100mほど下った所から左へ曲がる細い山道に入れば、高安城跡倉庫礎石群の横を通り高安山方面へと繋がる。 大正時代から昭和初期にかけて奈良県・大阪府からそれぞれ鉄道路線・ケーブルカーが開通し、1958年には信貴生駒スカイラインも開通して門前町が発達している。

  • 鬼取山

    標高:631 m

    難易度
    2
    体力度
    2

  • 横峰山

    標高:474 m

    難易度
    2
    体力度
    2

  • 難易度
    2
    体力度
    2

  • 難易度
    2
    体力度
    2

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

YAMAPプレミアムにアップグレードすると、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

YAMAPプレミアムを1ヶ月無料体験

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す