仙台市

出典: Wikipedia

仙台市(せんだいし)は、宮城県の中部に位置する、同県の県庁所在地であり、政令指定都市である。また東北地方の最大都市でもある。 【概要】 仙台市都心部周囲には広瀬川や青葉山などの自然があり、また都心部にも街路樹などの緑が多いことから、「杜の都」との別名をもつ。市は「学都仙台」「楽都仙台」などのキャッチコピーも用いている。宮城県内の純観光地の中で宿泊客数第1位を誇る秋保温泉が南西部にある。中国では、魯迅が留学した都市として有名。 現在の仙台市の推計人口は、東北地方の中で最も多い約106万人で、宮城県民の45.7%が居住する。また、仙台都市圏(広域行政圏)の推計人口は約150万人で、宮城県民の70.8%が居住する。県内総生産でも50.8%を仙台市が占めており(2009年度)、「仙台一極集中」と言われることがある。このような集積度と東北における拠点性により、物販面では隣県に及ぶ仙台経済圏を形成している。(中略)

このエリアについて

掲載されている山

仙台市(市街地)

  • 体力度
    3

  • ハマグリ山

    標高:1146 m

    体力度
    3

  • 山形神室岳

    標高:1344 m

    体力度
    3

  • 雁戸山

    標高:1484 m

    体力度
    3

    雁戸山(がんどさん)は、宮城県柴田郡川崎町と山形県山形市の境にある山である。雁戸山と南雁戸山(標高1486m)とで双耳峰をなす。 笹谷峠の南に位置する火山である。蔵王連峰のうち北蔵王と呼ばれる山塊である。東麓にはセントメリースキー場があり、西麓には馬見ヶ崎川に造られた蔵王ダムがある。 火山活動時期は約40万年前であり、第四紀火山に分類される。蔵王連峰に属するが、中央蔵王火山に対する寄生火山ではなく、複式火山であり、その活動時期は中央蔵王よりも古い。開析が進んでおり、特に山体の東西ではそれが著しい。そのため火口などの噴火活動の痕跡を見ることはできず、かつての山頂は喪失してしまっているが、山体の南北にはそれぞれ八方平、八丁平と呼ばれる火山性の緩やかな斜面を残し、かつて雁戸山が成層火山であったことが窺い知れる。

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す