仙台市

出典: Wikipedia

仙台市(せんだいし)は、宮城県の中部に位置する、同県の県庁所在地であり、政令指定都市である。また東北地方の最大都市でもある。 【概要】 仙台市都心部周囲には広瀬川や青葉山などの自然があり、また都心部にも街路樹などの緑が多いことから、「杜の都」との別名をもつ。市は「学都仙台」「楽都仙台」などのキャッチコピーも用いている。宮城県内の純観光地の中で宿泊客数第1位を誇る秋保温泉が南西部にある。中国では、魯迅が留学した都市として有名。 現在の仙台市の推計人口は、東北地方の中で最も多い約106万人で、宮城県民の45.7%が居住する。また、仙台都市圏(広域行政圏)の推計人口は約150万人で、宮城県民の70.8%が居住する。県内総生産でも50.8%を仙台市が占めており(2009年度)、「仙台一極集中」と言われることがある。このような集積度と東北における拠点性により、物販面では隣県に及ぶ仙台経済圏を形成している。(中略)

このエリアについて

掲載されている山

仙台市(市街地)

  • 北泉ヶ岳

    標高:1253 m

    難易度
    1
    体力度
    2

    北泉ヶ岳(きたいずみがたけ)は、宮城県仙台市泉区の北西部に位置し、宮城県立自然公園船形連峰内にある標高1,253mの山である。 泉ヶ岳より約2km北西に位置し、およそ78m高い。船形連峰に属する火山で全山原生林に覆われており、円錐形で遠くから観ると頂上付近の確認が容易。泉ヶ岳より大きく目立つ山だが、知名度、登山者の数は泉ヶ岳に譲る。仙台近辺から見ると泉ヶ岳と北泉ヶ岳は双子の山のようなセットで目にするのが常だが、ハイキング感覚での登攀も可能な泉ヶ岳の賑わいに比べれば、北泉ヶ岳は登山する者も少ない。

  • 中面白山

    標高:1223 m

    難易度
    2
    体力度
    2

  • 新富山

    標高:44 m

    難易度
    体力度

    新富山(しんとみやま)は、日本の宮城県松島町にある標高45メートルの山である。松島を近くから見渡す位置にあり、展望台が設置されている。 新富山の名は、眺めの良さを讃えられた松島四大観の一つ、富山を意識して付けられた。四大観の山が観光の中心地から遠いので、近くの丘に展望の地を設けたものである。五大堂がある松島の中心地をすぐ後ろから見下ろす好位置である。かつては売店が置かれたが今はない。尾根沿いに後ろに回ると、イギリスの詩人エドマンド・ブランデンの詩碑がある。 松島海岸駅と松島駅の中間、松島駅寄りにある。観光の中心となる五大堂や瑞巌寺からは少し歩くが徒歩圏内である。頂上の手前まで舗装道路がつけられているが、坂道が急で狭く、駐車スペースはなきに等しいので、自家用車でのアクセスには適さない。

  • 太白山

    標高:320 m

    難易度
    体力度

    太白山(たいはくさん)は、宮城県仙台市太白区茂庭にある山である。山頂部にある三等三角点「生出森」の標高は320.61メートル(2014年4月1日)。太白区の名称はこの山の名に由来する。仙台富士または名取富士とも呼ばれる。 太白山はかつては「独活(うど)ヶ森」「おどが森」「生出森」と呼ばれていた。現在の山名は「太白星(金星)が落ちて出来た山」という伝承に由来する。 この言い伝えについて言及した古い文献として、江戸時代に仙台藩の儒学者佐久間洞巖が著した地誌『奥羽観蹟聞老志』がある。この地誌は、この山に巨人や仙人がいたとする伝説も紹介している。また、太白山の名は、中国の王朝唐の都長安の西に位置する道教の聖地「太白峰」になぞらえたものでもあるという。ただ、江戸時代の絵図ではこの山は「ウトガ森」と表されていた。太白山という呼び名が定着するのは明治時代以降だろうと考えられている。 太白山は仙台市周辺の平野部の広い範囲から眺められる。その姿は縄文時代から人々の親しみと信仰の対象となってきたと考えられており、平安時代初期の大同2年(807年)には山頂に貴船神社(地図)が祀られ、奥州合戦最中の文治5年(1189年)には源頼朝が鶴岡八幡宮勧請した生出森八幡神社(岳宮、里宮)も鎮座する。また、仙台市や名取市の沖合いからも太白山を確認することができ、江戸時代には千石船がこの山を航海における目印の一つとして見ていたと伝わる。また、閖上周辺の漁業では太白山を基準の一つとして漁場の確認を行っていたという。

  • 雁戸山

    標高:1484 m

    難易度
    体力度

    雁戸山(がんどさん)は、宮城県柴田郡川崎町と山形県山形市の境にある山である。雁戸山と南雁戸山(標高1486m)とで双耳峰をなす。 笹谷峠の南に位置する火山である。蔵王連峰のうち北蔵王と呼ばれる山塊である。東麓にはセントメリースキー場があり、西麓には馬見ヶ崎川に造られた蔵王ダムがある。 火山活動時期は約40万年前であり、第四紀火山に分類される。蔵王連峰に属するが、中央蔵王火山に対する寄生火山ではなく、複式火山であり、その活動時期は中央蔵王よりも古い。開析が進んでおり、特に山体の東西ではそれが著しい。そのため火口などの噴火活動の痕跡を見ることはできず、かつての山頂は喪失してしまっているが、山体の南北にはそれぞれ八方平、八丁平と呼ばれる火山性の緩やかな斜面を残し、かつて雁戸山が成層火山であったことが窺い知れる。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す