釈迦岳・御前岳

釈迦岳(しゃかだけ)は、大分県日田市と福岡県八女市との境界にある標高1,231mの山である。九州百名山のひとつに数えられている。釈迦ヶ岳、釈迦ガ岳とも表記される。 古くて新しい日田を知る旅 「祈りの山 大分・日田編 ▼導入記事 https://yamap.co.jp/r/1019 ▼特設記事① https://yamap.co.jp/r/1020 ▼特設記事② https://yamap.co.jp/r/1021 ▼特別動画コンテンツ https://yamap.co.jp/r/1022

このエリアについて

掲載されている山

御前岳, 釈迦ヶ岳(普賢岳), 釈迦ヶ岳(本釈迦), 渡神岳, ハゼバル山, 津江山系, 八女八名山, 祈りの道, 日田, 豆田, 祈りの山

  • 体力度
    2

    釈迦岳(しゃかだけ)は、大分県日田市と福岡県八女市との境界にある標高1,230mの山である。九州百名山のひとつに数えられている。釈迦ヶ岳、釈迦ガ岳とも表記される。 釈迦岳にはおよそ120mの距離を隔てて東西に2つの峰があり、最高点は大分県にある東峰の普賢岳である。もう一方の峰の本釈迦は県境にあり、標高1,229.5mで福岡県の最高峰である。 普賢岳(東峰 1231m)は極めて眺望に恵まれた山頂で、久住・祖母・阿蘇・有明海・雲仙岳・多良岳・天山・背振・三郡・古処・由布岳などの山地・山塊を360度見渡すことができる。 普賢岳山頂にはレーダー雨量計を備えた気象観測所が置かれていて、国土交通省九州地方整備局管内を観測する3つのレーダーサイト局のひとつとして、九州北部を網羅している。 釈迦岳を源流とする梅木川は筑後川水系にあり、大山川の支流のひとつである。また西北側(福岡県側)は、矢部川(水系)の源流部の一つとなっている。 大分県日田市津江地方では、釈迦岳と渡神山、御前岳とを合わせて津江三山と呼んでいる。また、周囲の山も含めて総称して釈迦連峰と呼ぶこともある。

  • 体力度
    2

    釈迦岳(しゃかだけ)は、大分県日田市と福岡県八女市との境界にある標高1,230mの山である。九州百名山のひとつに数えられている。釈迦ヶ岳、釈迦ガ岳とも表記される。 釈迦岳にはおよそ120mの距離を隔てて東西に2つの峰があり、最高点は大分県にある東峰の普賢岳である。もう一方の峰の本釈迦は県境にあり、標高1,229.5mで福岡県の最高峰である。 普賢岳(東峰 1231m)は極めて眺望に恵まれた山頂で、久住・祖母・阿蘇・有明海・雲仙岳・多良岳・天山・背振・三郡・古処・由布岳などの山地・山塊を360度見渡すことができる。 普賢岳山頂にはレーダー雨量計を備えた気象観測所が置かれていて、国土交通省九州地方整備局管内を観測する3つのレーダーサイト局のひとつとして、九州北部を網羅している。 釈迦岳を源流とする梅木川は筑後川水系にあり、大山川の支流のひとつである。また西北側(福岡県側)は、矢部川(水系)の源流部の一つとなっている。 大分県日田市津江地方では、釈迦岳と渡神山、御前岳とを合わせて津江三山と呼んでいる。また、周囲の山も含めて総称して釈迦連峰と呼ぶこともある。

  • 体力度
    2

    福岡県八女市と大分県日田市との境界にある、標高1202mの山。大分県側では権現岳とも呼ばれる。『日本書紀』では「前山」として現れ、景行天皇が九州に行幸した際にこの山を越えたと記されており、山頂にはこれに因んで「景行天皇御遺跡」の石碑が建てられている。御前岳登山口から山頂へ向かう途中には御前岳湧水があり、豊の国名水15選に選ばれている。復路で汲んで持ち帰るのがおすすめだ。山頂に着いたら、大山祇命を祭神とする御前岳神社の上宮がある。また眺望は良く、英彦山や古処山などが望める。山頂に立ったら、九州百名山の一つである隣山、釈迦岳へ縦走しよう。釈迦岳の手前は急登であるが、足がかりや手がかりはあるので気をつけながら進もう。

  • 体力度
    2

  • 月隈山

    標高:115 m

    体力度

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す