赤城山・黒檜山・荒山

出典: Wikipedia

赤城山(あかぎさん、あかぎやま、後述)は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置する山。太平洋プレートがオホーツクプレートに沈み込んでできた島弧型火山である。また、赤城山は、カルデラ湖を伴うカルデラを持つ、関東地方で有数の複成火山である。

このエリアについて

掲載されている山

赤城山・黒檜山・地蔵岳・鈴ヶ岳・長七郎山・荒山・鍋割山・荒山高原・不動大滝

  • 体力度
    2

    群馬県東部に位置し、谷川岳などとともに上州を代表する山のひとつ。オートキャンプ場でのキャンプや自転車でのヒルクライム、南面の温泉など、登山だけではなく様々なアクティビティで親しまれる山である。赤城山の名は山域を指し、最高峰は黒檜山(1828m)。同じ群馬の妙義山、榛名山とともに上毛三山に数えられる(上毛は上野国の別称)。ツツジの多い山として知られ、4月下旬のアカヤシオに始まってトウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、シロヤシオ、ムラサキヤシオ、レンゲツツジと、6月下旬頃までさまざまなツツジが咲き続ける。山麓にはワカサギ釣りができる大沼(おの)があり、遊歩道が整備された覚満淵は湿性植物の宝庫だ。覚満淵の西側には赤城公園ビジターセンターが立ち、赤城山の植生や地形などを学ぶことができる。バスは土曜・休日以外は途中乗り換えとなるが、乗り換え場所が市営温泉というのも下山時にはうれしい。

  • 体力度
    2

    駒ヶ岳(こまがたけ)は、群馬県前橋市と桐生市の境に位置する標高1685mの山で、日本百名山・赤城山を構成する連山の一座である。赤城山最高峰・黒檜山(1827m)の南に位置するため、縦走されることが多い。南麓の覚満淵は美しい湖沼と湿原が広がり、初夏の花々や秋の草紅葉が美しい。詳細は赤城山を参照。
 https://yamap.com/mountains/21

  • 火起山

    標高:1352 m

    体力度
    2

    火起山(ひおこしやま)は、群馬県前橋市に位置する標高1352mの山である。日本百名山・赤城山を構成する赤城連山の一座で、北東にそびえる荒山(1572m)と南西にそびえる鍋割山(1332m)の間にある。山頂直下の荒山高原は、初夏になるとヤマツツジの大群落で真紅に染まる。詳細は赤城山を参照。 
https://yamap.com/mountains/21

  • 竈山

    標高:1345 m

    体力度
    2

    竈山(かまどやま)は、群馬県前橋市に位置する標高1345mの山である。日本百名山・赤城山を構成する赤城連山の一座で、北東にそびえる荒山(1572m)と南西にそびえる鍋割山(1332m)の間にある。北東の荒山高原は、初夏になるとヤマツツジの大群落で真紅に染まる。詳細は赤城山を参照。 
https://yamap.com/mountains/21

  • 体力度
    2

    鍋割山(なべわりやま)は、群馬県前橋市に位置する標高1332mの山である。日本百名山・赤城山を構成する赤城連山の一座で、北東にそびえる荒山との鞍部にあたる荒山高原周辺のヤマツツジ群落がとりわけ有名である。詳細は赤城山を参照。 
https://yamap.com/mountains/21

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す