中ノ岳 十字峡登山口 小屋泊 周回

2019.08.24(土) 3 DAYS Niigata
ボッチ登山家T
ボッチ登山家T

活動データ

タイム

11:57

距離

18.6km

上り

2,256m

下り

2,254m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

地元の中ノ岳を登ってきました。 1日目、てんくら様の予報は天気はいいけどBやCばかり。 きっと風が強くてこの評価なのでしょう。 それなら一日目は丹後山まで登ってそこにある小屋に泊まり、A判定の2日目の午前中に天空散歩を楽しもうと考えていましたが、その思惑はあっけなく打ち砕かれてしまいました。 攻めの姿勢と無計画は全く違うものだと痛感した山歩きでした。

十字峡登山センター出発。
丹後山の方へ向かいます。
舗装道路を通って
ここから川沿いの林道を歩きます。
右から石が落ちてこないか心配。
水が緑色。
滝を何度か見て
登山口着。
なかなかの急登です。
やっと一合目着。
その後も急登。
二合目を通過。
あのガスの向こうに中ノ岳があるのか?
まだまだ登ります。
3合目通過。1050m。まだ500mくらいしか登っていません。
その先も急登。
4合目通過。
5合目で休憩。
6合目で
やっと眺望が。
7合目で休憩。
8合目から
再び下界。
このあたりからやっと道が緩やかになります。
9合目後は
草原。ここを歩くのが今回の一番の楽しみでした。天気が良ければなおよかったのですが、これはこれで静かでよいです。
丹後山避難小屋着。今日はここに泊まる予定でしたが到着が9時で予定より早かったので、中ノ岳の小屋まで行くことにしました。この判断が吉と出るか凶と出るか。
丹後山山頂。何も見えません。
草原歩き。
利根川水源の碑。
大水上山通過。
道が狭くなります。下りも急。
兎岳着。中ノ岳まで3.?km。
右縦走路への分岐。左へ進みます。
どんどん下ります。
お花畑。
ニッコウキスゲの群生です。
小兎岳通過。
視界が少し開けてきました。
岩場を登ります。
急登。
山頂?が見えた!
岩場の細い道を通過。そんなに危なくありません。
合流点の9合目。
山頂までもうすぐのはず。
奥のピークが山頂か?
ピークを越えてもまたピーク。
避難小屋が見えました。ということはあのピークが山頂。
山頂着。展望はありません。明日に期待。
天気が良ければ見えていた山々。
小屋を目指します。
中の岳避難小屋着。左ひざが痛い。
中はこんな感じ。人であふれかえっているのではと心配しましたが、一番乗りでした。天気のせいでしょうか?ちなみにこの日はTを入れて二人だけでした。
善意を1枚だけ入れさせていただきました。
荷物をといてとりあえずお昼。
二階はこんな感じ。
少し眠って夕食。今日はここまで。左ひざの痛みが治まりますように。
明けて翌日。まずは朝食。
出発です。外に出ると真っ白。2時頃は月が見えていたのに。
山頂は昨日と同じ。失意のうちに通過。
9合目分岐から右の下山路へ。
真っ白で先の見えない下りをズンズン進みます。
これから歩く道。ぼんやり丸く見える日向山まで行きます。
ある程度下ると比較的平らな道に。
7合目着。
中ノ岳はまだガスの中。
丹後山方面はもっとひどい。たぶん昨日と変わらないでしょう。昨日頑張って良かったと思うことに。
日向山山頂の雨量計測所アップ。
引きでみるとまだまだあります。
今回唯一の中ノ岳。見れて良かった。
6合目通過。
池その1。
池その2。
池その3。計測所はすぐそこ。
5合目着。計測所に行ってみます。
少し登って計測所着。このあたりで左ひざに激痛が走るようになりました。
中ノ岳雲の中。
下はよく見えます。
比較的平らな道。膝をかばいながらゆっくり下ります。
4合目のあたりから雨が降り始めました。雨具とザックカバー装着。
3合目通過時には晴れました。暑いので雨具を脱ぐ。
二合目通過。
ダムもだいぶ近くに見えるようになりました。
鎖場1。
鎖場2。てがドロドロ。
一合目を通過し。
登山口着です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。