『つぎはぎ日本一周』羽咋~琴ヶ浜

2019.04.28(日) 日帰り Ishikawa, Toyama
ハマKBT
ハマKBT

活動データ

タイム

06:19

距離

56.8km

上り

835m

下り

833m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

この時期にこれだけお休みになるのは、もうないかと思うので、無理を言って、 可能な限り『つぎはぎ日本一周』をさせてもらうことにした。感謝。最近は休みが短いと島巡り、長いと静岡県方面だったのだが、久々に、石川県から東へ向かうルートにした。能登半島の北側は、鉄道がないので、『つぎはぎ日本一周』初のテント泊旅に挑戦することにした。雨のことも考え、バックパックはジェリーの防水。当然この中に入るものを厳選して、できるだけコンパクトにしたい。ロードバイクに荷台を取り付けるものがあったはずなのに、見当たらず、バックパックのみ。泣く泣く今回は、バーナーなどの調理器具はやめにした。 前夜、2,3日は風呂に入れない覚悟で念入りに入浴して出発。今回は、高速はあまり使わず、鳥取のバイパスを活用。途中の駐車場で、あまりに星が綺麗だったので、撮影。天の川が少しだけだが撮れた。途中舞鶴あたりの道の駅で車中泊をしたので結局目的地の羽咋に着いたのは28日の昼。道の駅のと千里浜。この近くの海岸は、車で通ることができるとても珍しい海岸で、「千里浜なぎさドライブウェイ」という。それにしても、バイクもガンガンに走っているので相当砂がしまっているのだろう。ロードバイクの準備をしてスタート。本当は、前回は羽咋の北側の志賀の 道の駅ころ柿の里 からなのだが、帰りの電車の事などを考えて羽咋からスタートする。この辺りは益田よりも北になるので、多少気温が低いのか、まだところどころで、八重桜などが咲いていた。  サイクリングロードがあったので、基本そこを通る。きちんと整備されていて、走っていて気持ちいい。志賀町に入る。 能登金剛など、景色が綺麗。夫婦岩や世界一長いベンチなど、面白いものもあり、なかなか今日のルートは楽しめた。夕日と田んぼ、これも絵になる。義経の舟かくしなどにも行ってみる。なるほどそんな風にも見える。そろそろ、本日の寝床を探す時間。駐車場にトイレも完備してある琴ヶ浜の東屋に決定。途中ひょっとしたらコンビニはもう当分ないかも、と思って買っておいたおにぎりが、本日の夕食。あの時、ひょっとしたら・・・という気持ちになってよかった~と思う。もし、購入していなかったら、本日の夕食はなしになるところだった。テント泊、エアマット、ダウンシュラフ、シュラフカバーなども持ってきていたので、快適に眠ることができた。  

途中、星が綺麗だったので、天の川の撮影。
千里浜なぎさドライブウェイ。バイクも走れる。
道の駅のと千里浜からスタート。
ここで昼食。焼き肉丼。うまい!
羽咋市のマンホール。
八重桜がまだ咲いていた。
サイクリングロードを行く。
気持ちよく走ることができる。
道の駅ころ柿の里しか 前回はここまで来ていたのだが、鉄道の関係で、羽咋からスタートした。
志賀町。
田んぼに水がはってあり、景色が綺麗。
海岸線も綺麗。
能登 金剛 いい感じ。
自撮り~
下りてみる。下りてもなかなかの雰囲気。
遊覧船の発着場所。
なかなかの高度感を楽しめる橋。
海岸線が美しい。
夫婦岩。
最近ちょっとはまってる 斜め向き自撮り~。
世界一長いベンチ。
環水平アークが出ていた。
海士岬あたりから、白山が見えた。感激。やっぱりすごい。
ここも、まだ八重桜が咲いている。
車道には、こんなマーク。これに沿って進む。
夕日と田んぼの感じがいい。
義経の舟かくし。
ヤセの断崖
夕日に照らされて赤く染まる。
夕日も綺麗。
沈んだら再び元の色に。
そろそろ、今夜の寝床を探さなくては。
琴ヶ浜の東屋でテント泊。感謝。
バーナーをもって来ていないので、今夜の夕食はおにぎり。
本日の軌跡。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。