雲取山2017(三峯神社〜日帰りピストン)

2017.07.15(土) 2 DAYS Tokyo, Saitama, Yamanashi
まこっちゃん
まこっちゃん

活動データ

タイム

09:21

距離

19.6km

上り

1,644m

下り

1,642m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

当初、2017年元旦に登ろうと思い描いてから早半年以上--- その後、タイミングを逃し続け、ようやく標高と西暦が一致する今年最も旬な山、雲取山に登ることができました。 一昨年は鴨沢からの雲取山荘泊を経験したので、今回は三峯神社からの日帰りピストンを敢行。いくつものピークを超えるため何度もアップダウンを繰り返します。更にその大半は樹林帯の中という、体力的且つ精神的にも堪えるなかなかタフでストイックなルート。 梅雨明けを感じさせる猛暑日とあり、標高1,000m〜2,000mの山歩きで汗も大量に掻いてデトックスができ、充実した山歩きとなりました。 そろそろ3,000m級をカラダが欲してます🤣

とても広い三峯神社駐車場が今回の出発地点。 もちろん、登山靴はしっかり持ってきてますw
三峯神社奥宮参道入口を進みます
雲取山登山口の看板
登山道はこの二股を右ではなく、左の鳥居をくぐって行きます。一度右に行って間違えて戻ってきました💦
とにかく樹林力が高い。山頂までほぼ樹林帯の中。今日は稜線とは無縁です。
1時間ほどで地蔵峠に到着。ハイ、樹林帯です。このルートは色々なポイントで、立派な標識が立っている。
地蔵峠の直ぐ先で一瞬だけ展望が開けたところに出ます。正面には去年登った両神山のギザギザした八丁尾根が見えます。
秩父宮のレリーフがある霧藻ヶ峰
登山口から1時間10分かけて訪れる最初の休憩ポイントとなる霧藻ヶ峰。時間が早いのでまだ開いてませんでした。
登山口から1時間20分でお清平到着。まだまだ半分手前です。そして、ご覧の通り樹林帯です。
お清平を越えたら、ついに登山道が本気を出し始めてきました。この急登、核心部かと思わせるほどめちゃくちゃキツい💨一気に乳酸がたまってきます💦
登山口から2時間弱で前白岩の肩に到着。こんなに標識必要なのか🤔
樹林帯で日陰が多いので、ギンリョウソウがあちらこちらに群生してます。最初は興奮しましたが、あまりの多さに飽きちゃった💦ゴメンよ。。
登山口から2時間10分で前白岩山に到着
いくつかのピークを超え、登山口から2時間50分程で白岩山に到着。ここで、白岩シリーズは終了。途中、白岩場小屋っていう廃墟がありましたが、あまりにもヤバイ雰囲気だったので写真撮りませんでした😱
登山口から3時間弱で、芋ノ木ドッケ到着。樹林帯は続くよどこまでも♪
背後から足音が聞こえてきたと思ったら、トレラン風の方が颯爽と抜き去って行きました💨
登山口から3時間20分で、大ダワ到着。
登山口から3時間40分で、雲取山荘到着。三峰神社からホント長かったー!
コレコレ、雲取山荘の冷た〜い『沢やか水』をプラティパスへ補給🚰
なんと、キンキンに冷えたコーラ発見✨思わず手が出そうになりましたが、これはきっとさっきのトレランの方々に用意したものっぽいです😓後で聞いたら、土日で縦走大会が開催されていたようです。
静かな雲取山荘。2年前と何も変わっていない。
階段を上がったところから見る雲取山荘
雲取山山頂直下の最後の急登はかなりエグいですが、山頂目前なので、苦しくてもどんどん足が前に出ます。
登山口から4時間10分、雲取山山頂《標高:2,017m》到着。 この瞬間、今まさに東京で一番高いところにいる!と、リアルtwitterの如く、心の中で呟きました♪
雲取山西暦2017年記念碑 今年初の百名山が雲取山でよかったーー‼️
爽やかにレモングラス香るすっきりトムヤム味のサマーヌードルを食べながら、ガスの晴れ間を待つの♡
東京都最高峰から延びる石尾根。無数の針葉樹がトレイルを覆う。東京都とは思いない素晴らしい景色✨
あ〜1時間半も待っててよかったーー\(^o^)/ だいぶ長居したので、この景色を目に焼きつけて身支度の準備と💨
お昼時だけあって、山頂は多くの登山者で大賑わいだこと😌
雲取山標高年記念イベント開催予定のポスター
帰りは霧藻ヶ峰休憩舎が開いていて、ご主人がいたのでコーラを購入しつつ、しばし山談義を楽しみました♪ 「長くアップダウンの激しい三峯〜雲取の日帰りピストンしたら、北アルプス縦走とかも大丈夫。自身が持てる」って太鼓判を押してもらいました😊
三峯神社駐車場に無事に下りてきました。休憩込みで登りで4時間、下りで3時間半。自分にとっては久しぶりにガッツリ歩いた感じ。さてと、三峯神社へ参拝に向かいます⛩
まず目を惹くのは、白い鳥居が3つ並んだ「三ツ鳥居」という珍しい鳥居。
昔の仁王門にあたる「随身門」
こちらが「拝殿」で、まずはここで参拝します。
2012年、辰年に突如出現した「龍神様」。赤い目と左向きに細長く伸びた顔が分かりますか?
これが、最近テレビで話題の、朔月限定『白』い『氣守』です。毎月1日しか手に入れることはできません。(これはこの日ではなく以前の写真です)

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。