オプタテシケ山の写真
オプタテシケ山の写真
読み方:おぷたてしけやま

オプタテシケ山

2013 m

体力度
3
体力度とは?

オプタテシケ山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

オプタテシケ山のモデルコース

オプタテシケ山の季節別活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

オプタテシケ山の基本情報

出典:Wikipedia

  • 十勝連峰の最北の山
  • 白金温泉から入山し美瑛富士避難小屋に1泊、ベベツ岳を経て往復するコースが山頂への最短
  • 山名はアイヌ語で「槍がそこにそり立っている山」を意味する
オプタテシケ山(オプタテシケやま)は北海道上川郡美瑛町と新得町の境界に位置する標高2,013mの山である。 大雪山国立公園内にあり、十勝岳連峰の火山群の北端に位置する山。日本三百名山に選定されている。山頂付近は溶岩の砂礫が積み重なり、森林限界のハイマツ帯には高山植物が自生。ピラミダルな山容である。 山の名の意味はアイヌ語で「槍がそこにそり立っている山」または「槍がそれた山」など諸説ある。アイヌ民族は『この山は雌阿寒岳と夫婦山だったが、離婚の末に槍を投げつけ合う大喧嘩をした。最終的に雌阿寒が槍を当てられ、今でも傷から膿を流している。雌阿寒岳の火口こそが、その傷跡だ』との伝説を伝えている。

オプタテシケ山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

オプタテシケ山周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

オプタテシケ山周辺の山

YAMAP STORE