ポンポン山の写真
読み方:ぽんぽんやま

ポンポン山

679 m

コース定数

1230

周辺の地図

Loading...
読み込み中...

モデルコース

Loading...
読み込み中...

季節別の活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイムさくらモニター

基本情報

  • 大阪と京都の境にあるユニークな名前の山
  • 紅葉の名所として名高い3つの古刹がある
  • 整備された登山道を歩き、広く見晴らしのよい山頂で大休止

大阪府高槻市と京都府京都市の境にあるポンポン山(標高679m)は京都西山の老ノ坂山地の最高峰で、正式には加茂勢山という。山頂で足踏みするとポンポンという音がするところからこう呼ばれるようになったが、その理由は明らかではない。大阪側には神峰山寺と本山寺、京都側には善峯寺があり、いずれも秋の紅葉が美しい。善峯寺は桜の季節もおすすめだ。登山はその3寺をたどる約4時間半の縦走がおすすめだ。広々とした山頂からは、眼下に京都市街や淀川の三川合流が見渡せる。ポンポン山北部に位置する小塩山(標高642m)の東側にはカタクリの群生地があり、地元のボランティアによって保護されている。春に訪れたのなら見学していこう。

年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

周辺の天気

6月の気温

  • 最高気温 30.9
  • 平均気温 20.6
  • 最低気温 10.1

月ごとの気温

最高気温 最低気温

この山を含む流域

YAMAP流域地図 地球とつながる、流域地図。

流域地図とは、地域の生命圏である流域を見える化した地図になります。この山を含む流域を確認してみましょう。

流域地図で確認

周辺の山

山歩(さんぽ)しよう。

山歩(さんぽ)とは、山や身のまわりの自然の中を気持ちよく歩くこと。今すぐ行ける山歩コースや、山歩した気分になれる映像コンテンツを更新中です。

YAMAP STORE