なぎそだけ

南木曽岳

1679 m

難易度
1
体力度
2
難易度・体力度とは?

南木曽岳の基本情報

出典:Wikipedia

  • 中央アルプス主稜線から西に伸びた尾根上にある信仰の山
  • 御嶽山、木曽駒ヶ岳と並び「木曽の三岳」の一つとされる
南木曽岳(なぎそだけ)は、木曽山脈(中央アルプス)南西部、長野県南木曽町にある標高1,679 mの山。日本三百名山に選定されていて、長野県の「県自然環境保全地域」の指定を受けている山である。 木曽山脈(中央アルプス)の主稜線から西に派生する尾根上にある。御嶽山、木曽駒ヶ岳とともに、木曽の三岳に数えられており、古くから信仰の山として修験者に登られていた。また、木曽地域で登山対象の山として、南木曽岳・風越山・糸瀬山の3山が、木曽三山と言われている。花崗岩質の岩山で、山頂付近では花崗岩の巨石が乱立し、鏡ヶ池と呼ばれる池と避難小屋がある。山頂部には点名「南木曾」の二等三角点があるが、樹木に覆われていて展望はない。三角点の北東100 m程の位置に、標高1,679 mの最高地点となる標高点があり、周辺の岩の上からは、御嶽山、北アルプス、中央アルプスなどの視界が良好な箇所かある。 別名が、「泣きびそ岳」、「金時山」、「揚籠山」(あげろやま)であり、『金時の産湯の池』伝説のある池がある。また金時が生まれたと伝えられる『金時の洞窟』がある。

南木曽岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

南木曽岳の主要ルート

難易度
1
体力度
2

南木曽岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

南木曽岳周辺の山