天上山(東京都)

571 m

天上山(東京都)の写真
難易度
体力度
難易度・体力度とは?

天上山(東京都)が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

天上山(東京都)の基本情報

出典:Wikipedia

天上山(てんじょうさん)は、東京都神津島村の神津島にある火山で、島内の最高峰。 当山は838年7月29日(承和5年7月5日)に始まった噴火で、火砕流・火砕サージを噴出後、火砕丘を形成し、最終的に溶岩ドームを形成したものである。古記録によると関東・中部・近畿地方に降灰し、840年10月(承和7年9月)になっても噴出物はなお高温であったと考えられている。 山頂部は比較的に平坦で、ババ池、不動池、千代池(せんだいいけ)などの池が点在する。この平坦面の南西部には、それぞれ「表砂漠」「裏砂漠」と呼ばれる、砂の堆積した地域がある(下の写真で中央の細長い白い部分と、右の白い部分である)。 最高地点は571.8mの三角点であるが、他に、529m、524mなどのピークがある。また、東尾根上に503mの櫛ヶ峰がある。 山頂付近から西南西に向けて神津沢の谷がえぐられており、これによって西斜面は黒島(南)と白島(北)の2つに大きく分けられる。黒島と白島のそれぞれに登山道がある。神津沢は神津島の中心集落の北部、神津島港の南で太平洋に注ぐ。 山頂部には東に2つの展望地があり、その内のひとつは、東京都によって新東京百景に選定されている。展望地からは、伊豆大島、利島、新島、式根島、三宅島、御蔵島などが見渡せる。また、別の場所からは、伊豆半島も望むことができる。

天上山(東京都)の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

天上山(東京都)周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天上山(東京都)周辺の山

YAMAP STORE