摩周岳(カムイヌプリ)・西別岳

出典: Wikipedia

摩周岳(ましゅうだけ)は、摩周湖外輪山の最高峰であり、北海道釧路総合振興局弟子屈町にある標高857m(湖面標高502m)の火山である。 【概要】 神秘的な摩周湖と共にカムイヌプリ「神の山」として奉られてきた。 アイヌ語のマシウには諸説があるが、「鍋のような湖に影が泳ぐように見える」を意味する。 摩周湖の南東壁上に噴出した火山で巨大な爆裂火口を持ち、第一展望台からは垂直近くに切り立った火口壁を望見できる。山頂から火口底(海抜375m)までの落差は482mに及ぶ。

このエリアについて

掲載されている山

摩周湖を含む主要ルート

  • 難易度
    1
    体力度

    摩周岳(ましゅうだけ)は、北海道釧路総合振興局弟子屈町にある標高857mの山。カルデラ湖である摩周湖の外輪山の最高峰で湖面標高は502m。 神秘的な摩周湖と共にカムイヌプリ「神の山」として奉られてきた。 アイヌ語のマシウには諸説があるが、「鍋のような湖に影が泳ぐように見える」を意味する。 摩周岳は摩周火山を構成する火山の一つで大きな火口を持ち、摩周カルデラが形成された後の火山活動で形成された。最新の活動は約4,000年前以降。 第一展望台からは垂直近くに切り立った火口壁を望見できる。山頂から火口底(海抜375m)までの落差は482mに及ぶ。

  • 温泉富士

    標高:659 m

    難易度
    体力度

    温泉富士(おんせんふじ)は、北海道標津郡中標津町にある山である。標高660.18m。二等三角点設置。三角点名は観示守山(カンシシュ山)で標高659.85m。 東側の養老牛温泉付近や北西の清里峠から見ると端正な富士山型の山容を見せる。 登山道はない。

  • 難易度
    体力度

    アトサヌプリは、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる。 硫黄山の名は、狭義には明治年間にアトサヌプリの麓にあった硫黄の鉱山のみを指すことがある。当山付近をさす地名には「跡佐登」の字を用いる。 アイヌ語の「アトゥサ(atusa、「裸である」の意)」と「ヌプリ(nupuri、山)」に由来する。つまり「裸の山」を意味する。アイヌ語研究者の知里真志保によれば、北海道、南千島において熔岩や硫黄に覆われた火山を、アイヌは「atusa-nupuri」と呼んだ。

  • 北西別岳

    標高:771 m

    難易度
    体力度

  • リスケ山

    標高:787 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す