峰床山・鎌倉山

出典: Wikipedia

このエリアについて

掲載されている山

主要ルート

  • 皆子山

    標高:971 m

    難易度
    2
    体力度
    3

    皆子山(みなごやま)は、京都府京都市左京区と滋賀県大津市との境に位置する標高971mの山である。 丹波高地の東端を形成する花折断層の一部をなしており、東側に安曇川上流の葛川(かつらがわ)を間にして比良山地と対峙している。北側山麓には葛川の支流が谷を形成し、足尾谷と呼ばれており、丹波高地有数の渓谷美で知られている。足尾谷を挟んだ北側には、同じ丹波高地に属し、高層湿原として知られる八丁平(はっちょうだいら)を抱く峰床山が続いている。南側山麓は葛川とその上流の百井川が流れており、南斜面から百井川に注ぐ谷は皆子谷と呼ばれている。皆子谷の源頭は山頂付近に達しており、山頂のすぐ西側でなだらかなすり鉢状・高原状の地形を形成している。 京都府京都市左京区の北部に位置し、京都府の最高峰である。

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    御殿山(ごてんやま)は、滋賀県大津市に位置する標高1097mの山である。比良山系の最高峰で日本二百名山にも選定されている武奈ヶ岳(1214m)の南西に位置し、様々な登山ルートの中でも西麓の坊村バス停から御殿山を経て武奈ヶ岳に登頂するルートは、西南稜コースと呼ばれ比較的短いコースタイムで往復できる。詳細は武奈ヶ岳を参照。
 https://yamap.com/mountains/114

  • 難易度
    体力度

    片波山(かたなみやま)、別名・湯槽山(ゆぶねざん)は、京都府京都市左京区と右京区の境に位置する標高763mの山である。西麓を流れる片波川の源流域は古くから御料林として保護されてきた山で、都や大寺院の造営など、大規模な建築の際の木材の産地であった。このため現在でも西日本有数の杉林となっており、特に成長しすぎて伐採を免れた巨木は伏条台杉(ふくじょうだいすぎ)と呼ばれ、奇異な樹形で知られている。この巨木群は「片波の伏条台杉」として京都府天然記念物に指定されている。北側のナベ谷峠を経て、井ノ口山・鍋谷山へ縦走すれば、様々な伏条台杉の変化に富んだ幹の造形美を楽しむことができるだろう。

  • 峰床山

    標高:970 m

    難易度
    体力度

  • チセロ山

    標高:871 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す