山口市

出典: Wikipedia

山口市(やまぐちし)は、中国地方西部(九州・山口地方北東部)の市。山口県の県庁所在地である。

このエリアについて

掲載されている山

山口市

  • 東鳳翩山

    標高:734 m

    難易度
    1
    体力度
    2

    東鳳翩山(ひがしほうべんざん)は、山口県山口市と山口県萩市に跨る標高734.2mの山で、中国山地の一部、長門(ながと)山地を代表する山。新日本百名山の一座。 山口市吉敷、萩市佐々並、美祢市美東町綾木の市境に位置する西鳳翩山(標高741.9m)と対を成す山で、東鳳翩山はその秀麗な形から県都山口市のシンボルの一つになっている。旧小郡町から望むと1000m峰のような雄大さを見せ、同郷の出身である岸信介が「吉敷富士」と呼んだという。頂上は数十年前[いつ?]に起こった山火事で木々がなくなったため、山口市やその周辺の山々を360度一望することができる。 登山口は山口市側に2箇所、一の坂ダム上流の公園近くの二ツ堂からのルートと、山口市・萩市境の21世紀の森(県道山口旭線・旧萩往還沿い)からのルートがあり、特に二ツ堂からのルートは80分程度で比較的手軽に登頂できるため、家族向け・初心者向けの登山スポットとして人気がある。西鳳翩山との間は尾根沿いに約8kmの縦走ルートが整備されている。 なお、山口市仁保には東方便山(標高:359.8m)という似た名前の山がある。

  • 石船山

    標高:194 m

    難易度
    1
    体力度
    1

  • 難易度
    体力度

    笠山(かさやま)は、山口県萩市にある標高 112m の火山である。北長門海岸国定公園に指定されている。 萩市の北東部海岸より日本海に突き出した陸繋島であり、本土と笠山を繋ぐ砂州には、萩市最大の漁港である越ヶ浜漁港や、海跡湖である明神池がある。 その形が、市女笠に見えるため「笠山」と呼ばれるようになった。 笠山が学術的・観光的に注目を浴びるようになったのは、1926年(大正15年)に摂政宮(後の昭和天皇)が行幸してからである。翌1927年(昭和2年)には、当時の所有者であり採鉱冶金学者であった都野豊之進が私財を投じて登山道を整備、豊之進の没後、1935年(昭和10年)には息子の都濃正一が笠山一帯の私有地を萩市に寄付した。山頂付近には都濃父子の記念碑が建てられている。

  • 難易度
    体力度

    桂木山(かつらぎさん)は、山口県美祢市にある標高702mの山である。山頂には妙見宮があり北辰妙見が祀られている。展望がよく秋吉台が間近に望める。

  • 難易度
    体力度

    禅定寺山(ぜんじょうじさん)は、山口県山口市小郡下郷にある標高392.2mの山。小郡地区の手軽なハイキングコースとなっている。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す