八王子市

出典: Wikipedia

八王子市(はちおうじし)は、日本の東京都の多摩地域南部にある市である。中核市に指定されている。 【概要】 八王子市は、東京府(1868年-1943年)時代に東京市に次いで1917年(大正6年)に市制を施行した市である。人口は、日本の市町村の中で第23位、東京都内の市町村で第1位(東京23区を含む市区町村では第6位)、全国の政令指定都市を除くと市では船橋市、鹿児島市に次いで全国第3位、2015年4月、東京都で初めての中核市となった多摩地域最大の都市である。加えて面積に於いても奥多摩町に続き、東京都の区市町村で2番目に広い行政面積を擁している。 1986年に国土交通省より業務核都市と定められている。2007年4月に東京都で初めての保健所政令市に指定され、2015年4月1日には東京都で初めて中核市に移行した。八王子市は、その周辺部も含め23の大学等(大学・短期大学・高専)があり、外国人留学生約3,100人を含む約11万人の学生が学んでいる全国有数の学園都市でもある。また、東京都特別区部への通勤率は14.9%(平成22年国勢調査)とベットタウンとしての面ももっている。 後北条氏および徳川氏から軍事拠点として位置づけられ、戦国時代には城下町、江戸時代には宿場町(八王子宿)として栄えた。明治時代には南多摩郡の郡役所所在地となり、多摩地域内で最も早く市制施行した。かつて絹織物産業・養蚕業が盛んであった為に「桑の都」及び「桑都(そうと)」という美称があり、西行の歌と伝えられてきた「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」という歌もある。郵便番号(上3桁)192・193。

このエリアについて

掲載されている山

八王子市全域

  • 難易度
    1
    体力度
    3

    高尾山の東に位置するピーク。稲荷山コースとして登られることが多い。 詳細は高尾山を参照。 https://yamap.com/mountains/108

  • 難易度
    1
    体力度
    3

    堂所山(どうどころやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市との境界にある標高731.0mの山である。 東京都立高尾陣場自然公園に指定されており、奥高尾縦走路上の山としても知られる。 山頂には、茶屋やトイレなどはないが、30分ほど歩いた明王峠に茶屋やトイレがある。

  • 難易度
    5
    体力度
    3

  • 難易度
    1
    体力度
    3

  • 難易度
    1
    体力度
    3

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記