八王子市

出典: Wikipedia

八王子市(はちおうじし)は、日本の東京都の多摩地域南部にある市である。中核市に指定されている。 【概要】 八王子市は、東京府(1868年-1943年)時代に東京市に次いで1917年(大正6年)に市制を施行した市である。人口は、日本の市町村の中で第23位、東京都内の市町村で第1位(東京23区を含む市区町村では第6位)、全国の政令指定都市を除くと市では船橋市、鹿児島市に次いで全国第3位、2015年4月、東京都で初めての中核市となった多摩地域最大の都市である。加えて面積に於いても奥多摩町に続き、東京都の区市町村で2番目に広い行政面積を擁している。 1986年に国土交通省より業務核都市と定められている。2007年4月に東京都で初めての保健所政令市に指定され、2015年4月1日には東京都で初めて中核市に移行した。八王子市は、その周辺部も含め23の大学等(大学・短期大学・高専)があり、外国人留学生約3,100人を含む約11万人の学生が学んでいる全国有数の学園都市でもある。また、東京都特別区部への通勤率は14.9%(平成22年国勢調査)とベットタウンとしての面ももっている。 後北条氏および徳川氏から軍事拠点として位置づけられ、戦国時代には城下町、江戸時代には宿場町(八王子宿)として栄えた。明治時代には南多摩郡の郡役所所在地となり、多摩地域内で最も早く市制施行した。かつて絹織物産業・養蚕業が盛んであった為に「桑の都」及び「桑都(そうと)」という美称があり、西行の歌と伝えられてきた「浅川を渡れば富士の影清く桑の都に青嵐吹く」という歌もある。郵便番号(上3桁)192・193。

このエリアについて

掲載されている山

  • 体力度
    4

    城山(しろやま)、別名・小仏城山(こぼとけしろやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区の境にそびえる標高670mの山であり、山頂に設置された電波塔がランドマークとなっている。東京都初の日本遺産にも認定された高尾山(599m)の西側にそびえ、城山を経て景信山(727m)・陣馬山(855m)と縦走する奥高尾縦走路は、首都圏のハイカーにとって定番ルートのひとつである。南側の大垂水峠、北側の日影林道から直接登頂することも可能で、山頂から日影バス停へ下る小仏城山北東尾根は、初級のバリエーションルートである。山頂には城山茶屋・春美茶屋の2軒の茶屋が営業しており、なめこ汁やおでんなどを肴に一献する登山者も多い(基本的に平日は休業)。東方向の眺望が良く、高尾山を前景に八王子市街の展望が広がる。

  • 体力度
    4

    高尾山の東に位置するピーク。稲荷山コースとして登られることが多い。 詳細は高尾山を参照。 https://yamap.com/mountains/108

  • 体力度
    4

    富士小屋山(ふじこややま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区の境に位置する標高760mの山である。東京都初の日本遺産にも認定された高尾山(599m)の西側にそびえ、城山を経て景信山(727m)・陣馬山(855m)と縦走する奥高尾縦走路は、首都圏のハイカーにとって定番ルートのひとつである。富士小屋山は陣馬山のふたつ手前にそびえるピークであり、陣馬山までもう一息。詳細は陣馬山を参照。
 https://yamap.com/mountains/29

  • 体力度
    4

    南郷山(なんごうやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区の境に位置する標高789mの山である。東京都初の日本遺産にも認定された高尾山(599m)の西側にそびえ、城山を経て景信山(727m)・陣馬山(855m)と縦走する奥高尾縦走路は、首都圏のハイカーにとって定番ルートのひとつである。南郷山は陣馬山の手前にそびえるピークであり、陣馬山は目前。詳細は陣馬山を参照。 
https://yamap.com/mountains/29

  • 草戸山

    標高:364 m

    体力度
    4

    草戸山(くさどやま)は、東京都八王子市南浅川町・東京都町田市・神奈川県相模原市緑区の境に位置する標高364mの山である。東京・神奈川県境の大垂水峠から、大洞山・金比羅山・中沢山・入沢山・泰光寺山・榎窪山と県境の稜線を縦走する首都圏自然歩道は「南高尾山稜」と呼ばれており、草戸山はその中でもっとも東に位置する山である。高尾山の混雑を避けたいハイカーやトレイルランナーに人気のあるルートだが、一番の展望を誇るのが草戸山であろう。展望台や東屋が設置された山頂からは城山湖(本沢ダム)を眼下に見下ろすことができる。湖畔は早春には桜の花で彩られ、南東にはほぼ同時期に開花する城山カタクリの里もある。

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記