福島市

出典: Wikipedia

福島市(ふくしまし)は、福島県中通りの北部に位置する都市。福島県の県庁所在地であり、中通り北部の中心都市である。 【概要】 市域は、旧信夫(しのぶ)郡全域と周辺の旧伊達郡、旧安達郡の一部村落を加えた範囲に及び、福島盆地の南西側とその外周山岳部を占める。 郊外には飯坂温泉をはじめ、高湯温泉や土湯温泉などの温泉が多く、東北地方唯一のJRA福島競馬場が立地する。更に、桃、梨、リンゴ、さくらんぼなどの果樹の栽培が盛んであり、フルーツライン沿いには果樹園が広がることから、果物王国の異名を持つ。(中略)

このエリアについて

掲載されている山

福島市(市街地)

  • 難易度
    2
    体力度
    2

    安達太良山を楽しみたい登山者の玄関口となるのがこの薬師岳だ。安達太良高原スキー場のロープウェイを使えば、登山口の奥岳から徒歩で1時間20分ほどかかる薬師岳の山頂まで6分で一気に登ることができる。ロープウェイで薬師岳山頂駅に到着したら、すぐ北側にある展望台へ。そこからは安達太良山、矢筈ヶ森、鉄山など、安達太良連峰の核心部が一望できる。 詳細は、安達太良山を参照。 https://yamap.com/mountains/157

  • 難易度
    体力度

    信夫山(しのぶやま)は福島県福島市の中心市街地北部にある山である。標高275m。 福島市街を一望でき春には大勢の花見客で賑わう福島市のシンボル的存在である。外周は1周7キロメートルで皇居(外苑も含む)と同じ大きさ。うつくしま百名山に選定されている。公園内では飲食が可能なため福島市内では人気の名所。古代には岑越(みねこし)山と呼ばれた。 登山のルート次第では険しい経路もあるなど登山趣味の入口として親しまれ、近隣小学校の遠足で用いられる山である。 山岳信仰として神社仏閣スポットでもある。岩谷観音、黒沼神社、福島県護国神社や出羽三山の分社(羽黒山神社、月山神社、湯殿山神社)がある。また大円寺や市が管理する墓地が存在、福島市を代表する墓所地帯としての性格も兼ねている。 東から熊野山、羽黒山、羽山の三峰で構成され、これらを合わせて信夫三山と呼ばれることもある。それぞれの山の名前からもわかるように山岳信仰と密接に結びついており、熊野山には湯殿神社、羽黒山には羽黒神社、羽山には月山神社の出羽三山が勧請され祀られている。

  • 木幡山

    標高:666 m

    難易度
    体力度

    木幡山(こはたやま)は福島県の二本松市と伊達郡川俣町との境にある標高666.3mの低山。 福島県中部一帯(中通り)の北部、阿武隈高地の西斜面における丘陵地帯の東端に円錐形の姿で聳える。古く信仰の対象とされて「御山(おやま)」とも称され、全山が8合目に鎮座する隠津島神社の境内地とされる。 杉林が覆うその美しさから福島県の名勝及び天然記念物に指定され、また、信仰行事である毎年12月の木幡の幡祭りは「日本三大旗祭り」の一つに数えられ、国の重要無形民俗文化財に指定される。

  • 中吾妻山

    標高:1931 m

    難易度
    体力度

    中吾妻山(なかあづまやま)は、福島県耶麻郡猪苗代町にある火山である。磐梯朝日国立公園に属する。 吾妻連峰を構成する山の一つ。福島県と山形県の県境にある吾妻連峰の東大巓(ひがしだいてん、1,927.9m)を主稜とし、そこから南に続く中吾妻火山群の南端にあり、継森(つぐもり、1,910.2m)の南に続く。標高は1,930.6m。三等三角点「中吾妻」が設置されている。 東側には谷地平湿原と大倉川、西側には中津川の峡谷があり、両河川とも秋元湖に注ぐ。山体は緩やかな勾配の斜面で構成されており、侵食されていない原形地形を呈するが、東西両側は両河川による侵食谷が発達し、火山地形と峡谷との地形境界が明確である。南斜面の標高1,400m以上は山頂までオオシラビソ、コメツガなどの亜高山帯針葉樹林に覆われ、標高1,400m未満と峡谷壁にはブナ帯林が広がる。 古くから信仰の対象の山であり、西側中腹には吾妻山神社が祀られ、修験道の山とされた。山頂に至る登山道は存在しない。かつては中吾妻山北側鞍部を東西に越える道筋、および吾妻山神社からヤケノママを経由して県境の縦走路に至る道筋があったが、現在はほぼ完全に消滅した。

  • 吾妻小富士

    標高:1704 m

    難易度
    体力度

    吾妻小富士(あづまこふじ)は、福島県福島市にある標高1,707mの山。吾妻連峰のひとつ。すり鉢状の大きな火口があり、麓の福島市側から見るとあたかも小型の富士山のように見えることからこの名が付いた。 観光道路磐梯吾妻スカイラインの途中にある浄土平(標高1,600メートル)に、路線バスもしくは車でアクセスすることができる。吾妻連峰の他の山々を背にしながら浄土平の駐車場から磐梯吾妻スカイラインを横断し、整備された階段を約10分登れば火口壁の稜線に到達する。火口壁を1周(直径約450メートル、1周約1.5km)するお鉢巡りして1時間弱程度で元の浄土平に戻ってくることができる。 天気が良ければ福島盆地や浄土平の眺望もでき、気軽にトレッキングを楽しむことができる。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す