Photo by ミツ

朝熊ヶ岳(朝熊山)

出典: Wikipedia

朝熊山(あさまやま)は、三重県伊勢市・鳥羽市にある山。正式名称は朝熊ヶ岳(あさまがたけ)。『三国地誌』では「岳(たけ)」とも記され、伊勢市近辺で「岳」は朝熊山を意味する。南方に連なる「朝熊山地」を含めて「朝熊山」とする場合があり、この場合には志摩市まで跨がることになる。山頂付近に臨済宗の金剛證寺があり、この寺を「朝熊山」と呼ぶ場合もある。

このエリアについて

掲載されている山

朝熊ヶ岳(朝熊山)

  • 朝熊ヶ岳

    標高:555 m

    難易度
    1
    体力度
    2

    朝熊山(あさまやま)は、三重県伊勢市・鳥羽市にある山。正式名称は朝熊ヶ岳(あさまがたけ)。『三国地誌』では「岳(たけ)」とも記され、伊勢市近辺で「岳」は朝熊山を意味する。南方に連なる「朝熊山地」を含めて「朝熊山」とする場合があり、この場合には志摩市まで跨がることになる。山頂付近に臨済宗の金剛證寺があり、この寺を「朝熊山」と呼ぶ場合もある。 朝熊山は標高555メートル (m) の北峰と約540 mの南峰(経ヶ峯)のほかにいくつかの峰がある。伊勢志摩国立公園の中に位置し、日本百景に選定されている。紀伊半島から太平洋に突き出た志摩半島の最高峰で、山頂付近は初日の出の名所である。朝熊山は伊勢志摩を代表する霊山として知られる。 朝熊(あさま)は、『延喜太神宮式』などに「朝熊(あさくま)」とあるように「あさくま」が本来の読みであり、音が約され「あさま」となったと考えられる。なお、「あさくま」との読みは伊勢神宮摂社の朝熊神社に残っている。 「あさくま」の語源として、浅隈(川の浅瀬を意味する古語)に由来する説(度会清在『旧蹟聞書』)が有力とされる。ほかに、この地を訪れた空海の前に朝に熊が夕に虚空菩薩が現れたという伝説による説(金剛證寺伝)、朝熊神社の祭神である葦津姫(別名木華開耶姫)の通音に由来するという説(度会延経)などがある。 北峰に三角点がなかったため、ケーブルカーの駅の跡付近の一等三角点の標高の478 mを誤って記載する地図が昭和時代には数多く存在した。

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    朝熊山のピークであるためDraftにします。

  • 楠部山

    標高:284 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

    鷲嶺(しゅうれい)別名・袴腰山(はかまごしやま)は、三重県伊勢市に位置する標高548mの山である。志摩半島の中央部にあり、東側にある竜ヶ峠は伊勢神宮・内宮前を流れる五十鈴川の源流域にあたる。江戸時代に伊勢神宮に参拝した宮本武蔵は竜ヶ峠を経て鷲嶺に登拝したという伝承が残っており、南側中腹にある鷲嶺の水穴で水を飲んだという。北麓の伊勢神宮内宮から鼓ヶ岳(655m)・前杉山(413m)・前山(528m)を経由して登頂するのが一般的。さらに八弥宜山(424m)・京路山(414m)・朝熊ヶ岳(555m)をめぐり伊勢神宮に戻るルートは、まさに神宮林を一周することができ「天空界道」と呼ばれている。

  • 青峰山

    標高:336 m

    難易度
    体力度

    青峰山(あおのみねさん)は三重県鳥羽市と志摩市の市境に位置する山。標高336m。 標高は低いものの伊勢湾、遠州灘、熊野灘から見通せるため、古くから沖合いを行く廻船の船乗りたちから目印とされてきた。このため、山頂付近にある正福寺は海の安全を守る仏様(鯨の背に乗った黄金の観音様)を安置し、古くから船の安全祈願を行う寺とされてきた。山にはシイやカシが繁っており良好な景観を形成していることから、近畿自然歩道が設定されている。また、森林自体もグローバル・ポジショニング・システムの発達により存在価値は低下したものの、航行目標保安林として保護されている。山頂付近には展望台のほか、デジタルテレビ放送の中継施設(磯部中継局)が存在している。 山麓の港町・的矢出身の嶋田青峰の俳号はこの山に由来する。2016年(平成28年)5月25日、第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)を前に来日中だったカナダの首相・ジャスティン・トルドーが妻のソフィー・グレゴワール・トルドー(英語版)とともに青峰山を登り、正福寺境内を散策するなどして結婚記念日に合わせた休暇を楽しんだ。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す