Photo by M STYLE

各務原アルプス・八木三山

出典: Wikipedia

【ご注意】 芥見権現山は火気厳禁です。 各務原アルプス(かかみがはらアルプス)は、岐阜県各務原市の北部の山並みの通称。 各務原台地の北端に位置し、東西に伸びる標高350 m級の丘陵地帯。稜線は各務原市と関市、岐阜市の境界でもある。 関市側からは「関南アルプス」(せきみなみアルプス)と呼ばれている。各務原市と関市の共同で全長10 kmに及ぶハイキングコースも整備されている。 2009年に、山林火災で権現山が燃えた。

このエリアについて

掲載されている山

各務原アルプス, 八木三山, 北山, 芥見権現山, 向山, 迫間山, 城山, 八木山, 双子山, 愛宕山

  • 難易度
    1
    体力度
    3

    明王山(みょうおうざん)は岐阜県各務原市と関市の境に位置する標高380mの山である。各務原市北部には標高300m代の低山が連なり「各務原アルプス」と呼ばれており、明王山もその一座。関市の人々からは「関南(せきみなみ)アルプス」とも呼ばれており、全長約10kmに及ぶハイキングコースが整備されている。北麓にある迫間(はさま)不動尊は美濃三不動に数えられる由緒ある霊場で、本尊の不動明王は天然の岩窟に祀られている。明王山にも不動明王が祀られており、大展望が広がる。詳細は金比羅山を参照。
 https://yamap.com/mountains/7982

  • 迫間山

    標高:309 m

    難易度
    1
    体力度
    3

    迫間山(はさまやま)は岐阜県関市に位置する標高309mの山である。各務原市北部には標高300m代の低山が連なり「各務原アルプス」と呼ばれており、明王山もその一座。関市の人々からは「関南(せきみなみ)アルプス」とも呼ばれており、全長約10kmに及ぶハイキングコースが整備されている。山麓にある迫間(はさま)不動尊は美濃三不動に数えられる由緒ある霊場で、本尊の不動明王は天然の岩窟に祀られている。山頂部は中世の山城・迫間城跡となっている。詳細は金比羅山を参照。
 https://yamap.com/mountains/7982

  • 難易度
    1
    体力度
    3

    金山(かなやま)は岐阜県関市と各務原(かかみがはら)市の境にある標高348mの山。各務原台地の北端に位置し、東西に伸びる標高350 m級の丘陵地帯のピークが金山である。丘陵地帯は、関市側からは「関南(せきみなみ)アルプス」、各務原市側からは「各務原アルプス」と呼ばれており、全長10kmに及ぶハイキングコースが整備されている。道標もしっかりしていて歩きやすく、トレイルランナーにも人気がある。山頂には三角点や電波反射板が設置されており、天気が良いと御嶽山を眺めることができる。

  • 須衛山

    標高:320 m

    難易度
    1
    体力度
    3

    須衛(すえい)は岐阜県関市と各務原(かかみがはら)市の境にある標高320mの山。各務原台地の北端に位置し、東西に伸びる標高350 m級の丘陵地帯にある。丘陵地帯に全長10kmに及ぶハイキングコースが整備されており、関市側からは「関南(せきみなみ)アルプス」、各務原市側からは「各務原アルプス」と呼ばれている。山頂には三角点が設置されているが眺望は無い。詳細は向山を参照。 https://yamap.com/mountains/3204

  • 各務原権現山

    標高:317 m

    難易度
    1
    体力度
    3

    各務原権現山(かかみがはらごんげんやま)は岐阜県各務原(かかみがはら)市と岐阜市の境にある標高317mの山。各務原台地の北端に位置し、東西に伸びる標高350 m級の丘陵地帯は、関市側からは「関南(せきみなみ)アルプス」、各務原市側からは「各務原アルプス」と呼ばれており、全長10kmに及ぶハイキングコースが整備されている。伊吹の滝駐車場からのコースは1時間弱で山頂まで登れるため、初心者にオススメ。山頂には東屋があり、天気が良ければ乗鞍岳、御嶽山、濃尾平野の景色を望むことができる。春先にヤマツツジ、ショウジョウバカマ、スミレなどの花々を見ることができる。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す