帰る前にちょこっと。トレラン風part2は金時山へ。

2019.09.08(日) 日帰り Kanagawa, Shizuoka
takeaki_jeaen
takeaki_jeaen

活動データ

タイム

01:48

距離

4.9km

上り

555m

下り

554m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

✡️日曜日 昨日寝る前に、天候と体調次第では金時山に行くかもと妻に前振り。 しかし、寝る前に天気予報を確認するとずっと曇りで昼頃から雨😭 朝起きると筋肉痛が。これは駄目だと思い温泉にでも入って帰り支度するかと思って窓を開けると晴れている☀️直ぐに天気予報を確認するとなんと9時頃まで晴れに変わっている🌞 時間は遅いが直ぐに準備をし金時山に向かうことに。 金時山にはここに宿泊したときに3度程登ったことがあり、何時もは宿泊施設からランニングで登るのですが、今回は台風の接近が気になるためゆっくりはできません。 取り敢んえず一番近い公時神社登山口まで車で行きそこから登ることに。 しかし、登山口に到着すると道路工事のため無理駐車場が使えず、止まなく路駐します。スタートは7時10分位になってしまいました。 ここは前日の大山と比較して標高差が500mと少なく登山の所要タイムも1時間半しかありません。登る斜度も大山程ではありません。 途中降りてくるかたに話を聞くと山頂はガスで何も見えなかったそうです。ここは天気が良ければ富士山眺望の絶好のポイントなんですが😅 重い足を引き摺りながら山頂には50分程で到着。 しかし、聞いた通りのガスの中😵 久しぶりに来た山頂には新設された山頂標識があり4人で来られていた正真正銘のトレランの方に写真を撮って頂きました。感謝🙇‍♂️ ガスっていたので直ぐ下山する予定でしたが、雲が切れて晴れ間が🌞 急いで何枚か撮っているとお姉さんが私のシャツを読んで、「山が好き、酒が好き、女も好き」と言っていました。後から「女も好き」は顔に書いてあるよと言われました🤣 面白い人だなと思っていたら茶屋の女の人が紹介してくれて、お姉さんは今日で富士山の山頂と同じ回数を登られたそうで、おん歳は85歳だそうです。その回数を登るには毎日登っても10年以上かかります😮 そしてお姉さんは颯爽と足柄山の方に下山して行きました。 色々話をしていたらあっという間に時間が過ぎ、早く戻らねばとトレラン4人集にお礼と別れを告げ下山。 下山ルートは少し違うルートをチョイス。少し距離が長くなりますが、約30分程で車まで戻れました。 宿泊施設は10時まで温泉が使えるので何とか間に合い汗を流して、後は台風に追い付かれないよう下道をひたすら帰るだけです😀

朝窓を開けるとこんな風景が飛び込んできました✨ これは行くしかない🎵 という事で寝ている妻に行ってくるよと一言。
公時神社登山の鳥居をスタート。
公時神社
左側にはマサカリが。
マサカリアップ。 これを担いで昇ったら重いだろうな?などと考えて、いざ登山道へ。
今日もトレラン擬きでスタートです。
金時手駒石だそうです。
現在工事中の車道を横切って更に登ります。
金時宿り石だそうです。
15分程登ったばかりですが、山頂まで45分の道標が❔❔
30分程登った所で箱根を見下ろせるところが。
乙女峠方面はガスで覆われています。
別ルートとの合流点に。 ここから山頂まではまずまずの傾斜があります。下山時はここを左手に降りていきました。
初めは階段が続きます。
階段が終わると岩場も。
山頂も近いはずです。
8時少し前に山頂に到着です。 マサカリを模した新しい山頂標識がありました。
以前の山頂標識。正面に晴れていれば富士山がくっきりと見えます。
乙女峠に向かう稜線。
トレラン4人集の方に撮って頂きました🙇‍♂️
茶屋。 コーラが250円安い☀️ 下から運んだ凍らせたポカリスエットは凍ったままで全く飲めませんでした😅
少しすると晴れ間が☀️
あっという間に青空
裏からの足柄山方面
トレラン4人集と茶屋の女性。 どうやらここはトレランの方が多く来られるようです。トレランの話で盛り上がっていました。
下山前には遠く芦ノ湖まで見ることができました。 富士山は見ることができませんでしたが下山することに。
分岐点。下山は真っ直ぐ降りていきます。
また、晴れてきました。
何とマツムシソウが咲いているではありませんか😃🎶
岩の先には乙女峠がくっきりと。
遠くに行ったことがない明神ヶ岳が。
今は使われていない茶屋跡
明神ヶ岳との分岐点。左手に戻ると明神ヶ岳までは95分だそうです。 真っ直ぐ下山します。
仙石原までの道標
山頂から25分程で車道に出ました。 もう少し車道を下ると国道にでて、そこから車までは少し登って戻ることに。
山頂から30分強で登山口まで戻ってきました。
一晩お世話になった宿泊施設を主発し、道の駅富士吉田で吉田うどんと葡萄を買い秩父を経由して帰宅しました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。