京都一周トレイル 東山コース

2023.12.03(日) 日帰り

活動データ

タイム

09:20

距離

31.0km

のぼり

2136m

くだり

1520m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 20
休憩時間
17
距離
31.0 km
のぼり / くだり
2136 / 1520 m
3
10
19
55
5
4
2
14
39
27
10
16
10
5
5
11
4
27
1 1
14
1
7
14
9

活動詳細

すべて見る

京都一周トレイルのことを知ったのはつい先日。今ならまだ紅葉が間に合うかもと、早速、東山コースを歩くことに。 基本は伏見稲荷からケーブル比叡駅を目指すことにするが、その場の気分で寄り道もありのゆるゆるな感じで。 伏見稲荷は早朝から外国人旅行者でいっぱい。観光気分で歩く。道標の地図がラリーのコマ図のようで楽しい。何回かミスコースしたが、それも醍醐味。 観光地を離れ、トレイルコースに入るとほとんど人がいなくなるが、時折、お寺の鐘の音が聞こえてくるところに京都らしさを感じる。 大文字山の山頂でスマホのバッテリーが30%になり、モバイルバッテリーに接続したが、モバイルバッテリーが充電できていない?!帰宅後確認すると問題無かったので、低温での誤作動だったと思うが、コースどおり下山し、哲学の道を抜けてから近くのコンビニでバッテリーを調達してことなきを得た。銀閣寺に立ち寄る気持ちの余裕は無かった。 比叡山への登りはこれまでのコースとは打って変わって長い長い登り。しんどかった。何とか明るいうちにケーブルの駅に到着したので、大比叡を目指して坂本ケーブルで滋賀側に下山することに。 疲れと寒さでボロボロになりながら、当初考えていたゆるゆるな感じとは全く違う結果になっていることに気づく。 せっかくの京都、やはりもっと寄り道を楽しむべきだったと反省した。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。