【武華山】武華よ…私の負けだ。

2018.01.13(土) 3 DAYS Hokkaido
かおぼん
かおぼん

活動データ

タイム

14:58

距離

15.1km

上り

1,023m

下り

1,024m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

武利岳をピストンしようと1泊装備で出向いたんですけど、その前衛に構える武華山にヤラれちゃいました。序盤からイロイロ手こずり2時間以上のタイムロス。心も折れ果て、武華山のみ目指すことに計画変更。単に私の冬山経験不足による結果ですが… けれども武華よ、苦労したおかげでオマエの南斜面は把握した! また来年、ね。

ノートレース♪
ここまで約3.5km
問題の小滝。左岸から巻き上がって夏コースの分岐に出るというヤマのレコを参考にしたのですが…これが登れないのだ! 急勾配でジグも切れない、スキー背負ってツボで試したけど無理。そのまま川のど真ん中を行ってやろうとしたが(流れは浅い)滑ってダメ。そして靴底に氷の塊が付いちゃって、靴脱いでドライバーで削ぎ落とす。次に右岸に挑戦するも途中から次の一歩が踏み出せず、引き返そうと右脚の板を無理矢理ターンさせようとして転んで、細木に絡まった操り人形のような体勢…から数分かかって脱出したときにはもう、帰ろうと思いました。
小滝の巻きはあきらめ、どこか尾根に登れる隙はないかと左岸沿いトラバースしながら引き返し、結局、夏道と沢の分岐まで戻ってしまう。尾根から登り返してみようとトボトボと…
尾根から遠回りして沢沿いに戻り、1574へのルートを探るが、どこを見渡しても濃い樹林帯。レコでは夏道を辿って苦労したらしいので尾根に近いルートを選んだが…これも私の間違い。夏道沿いのほうがまだマシであったことは翌日わかるのである。
勘弁して(눈_눈)
密林地獄を抜けてふり返ると、ライオン岩が✨ 1574までは辿り着けなかったけど、この辺りでテン場とします…
翌朝、あらためて1574目指し尾根に登りましたが、とても歩ける状態ではない。ガフガフで雪下は小枝の空洞。斜面に引き返す。
密林で高度を上げれないまま横這いに西へ進むと… あら、こっちはいいじゃないの?
やっぱ夏道沿いを登れば楽だったかも。下りの滑りも良さそう! ああだけど…帰りはテント回収しに戻らなきゃ(泣)
明けましておめでとうございます。
ピンク色♥
アイゼンに履き替えて武華のピークへ。
どっしりとした構えの武利岳✨ 前ムカとのギャップは深い…
歩いてきた稜線。奥になだらかな前ムカ。
近いな!表大雪。
遠くに見えるのは雌阿寒岳かな。
沢を見下ろせば…前日の悪戦苦闘の跡が(笑)
ライオン岩コースとの分岐
ここも核心だったかも。スタートから最初の林道崩壊場所。写真で見るより急勾配で、下は音をたてて川が流れてます。この後の崩壊場所はスノーブリッジを渡り問題ありません。
お疲れさん。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。