燕岳・北燕岳

2021.09.20(月) 2 DAYS

初の北アルプス及び山小屋デビューということで、今回の連休を利用した登山は燕岳に決めました。 台風一過で天気は良好、槍ヶ岳、穂高方面の地震は気になりましたが、燕岳方面は影響は少ないとのことで、そのまま登りました。 前日は穂高駅のあずみのパークホテルに宿泊、6:40のバスで中房温泉登山口まで向かいます。 当日は連休中なので、非常に多くの人が登下山しており、燕山荘も満員ではないものの非常に多くの登山客でにぎわっていました。 20日の午後はガスがかかってほとんど前方が見えない状況でしたが、21日は朝から快晴で御来光を見るために宿泊客が大勢繰り出し歓声が上がっていました。 ただ宿泊中は何度か余震とみられるわずかな揺れがあり、若干気になりました。燕山荘から縦走で槍ヶ岳方面を目指していた人でも中断しようか相談している人の話が漏れ聞こえていました。 下山はハイペースで下り、温泉につかって帰宅となりました。

スイカは9/15で終了したようです。

スイカは9/15で終了したようです。

スイカは9/15で終了したようです。

富士見ベンチから富士山見えました。

富士見ベンチから富士山見えました。

富士見ベンチから富士山見えました。

スイカは9/15で終了したようです。

富士見ベンチから富士山見えました。

この活動日記で通ったコース

中房温泉-燕岳 往復コース

  • 7時間10分
  • 9.5 km
  • 1406 m
体力度
3

標高1450mの中房・燕岳登山口から登る。登山口付近の駐車場はシーズンになると大変混雑する。穂高駐車場を利用しバスで登山口に向かうのもよい。電車の場合は大糸線穂高駅からバスに乗る。最初は樹林帯続き、途中途中のベンチの休憩ポイントを抜けて行く。その後合戦小屋を通り過ぎ、燕山荘が見えてくる。宿泊の手続きを済ませてから、山頂へ。イルカ岩などの花崗岩の奇岩を楽しみ、またコマクサも多く咲く。植生保護のため指定コースから離れないようにしよう。小屋の前からは朝日がよく見える。復路は往路下山。危険箇所なども特にない。