ごようざん

五葉山

1,351 m

  • Iwate
難易度
12345
1
体力度
12345
2
難易度・体力度とは?

五葉山の基本情報

  • リアス式海岸を見下ろす三陸沿岸の最高峰

北上山地に位置する標高1,351mの山。準平原の稜線からは、入り組んだリアス式海岸や奥羽山脈の山並みを一望できる。 ツツジやシャクナゲの群落を筆頭に高山植物が豊富なため、花の時期は大勢の登山者でにぎわう。ちょっと足を延ばして、最高点である「日の出岩」まで行けば、ヒノキアスナロ・コメツガなどの原生林が暗く苔むした林床をつくり、異様な世界に入り込むことが出来るのもまた魅力。 太平洋気候のため、冬季は降雪・積雪量が少なく晴れの日が多い。澄んだ空気の中で見る冠雪した周辺の山々は特別な美しさがある。また、無人であるが避難小屋も3カ所あり、年中開放されている。

五葉山のモデルコース

赤坂峠コース

  • 初級
  • 4時間00分
  • 8.5 km
  • 700 m
難易度
体力度

最も多くの登山者が利用する「赤坂峠登山口」へは、県道193号を五葉山方面へ。この赤坂峠コースは、ハシゴ場・クサリ場などの危険個所は一切なく、刈り払いなど良く整備されている。山頂までは2時間強と最短でもある。約1時間で4合目「畳石」。テーブルやベンチが設置されていて休憩所となっている。4合目からはやや急こう配となり、ミズナラやダケカンバなどの落葉広葉樹林帯の中を行く。8合目辺りからシャクナゲの群落が見え始める。9.5合目には避難小屋の「しゃくなげ荘」があり、近くにはトイレ・水場・テーブルが設置された広場もある。小屋から数分で「日枝神社」があり、南に続く準平原の稜線が「黒岩」まで一望できる。山頂へはあと10分ほど。山頂には2017年5月まで石・モルタル製のモニュメントが建っていたが自然倒壊し、同年8月に新しく木製の山頂プレートが建った。五葉山最高点である「日の出岩」へは、山頂を通り過ぎて10分ほど。コメツガ原生林に囲まれながらも大きな岩に登れば頭一つ飛び出して眺望は抜群である。避難小屋である「しゃくなげ荘」は無人・無料。休憩・宿泊は自由で、冬季間は薪ストーブとヤカンが設置される。

五葉山の活動日記

  • 44

    15

    09:07

    12.6 km

    903 m

    初めての雪山小屋泊🏡五葉山・愛染山-2020-01-25

    Goyozan, Aizensan (Iwate)

    2020.01.25(土) 2 DAYS

    冬山で小屋泊♪またまた新しい体験をした216👍会社の強者T先輩と共に三陸海岸部の最高峰五葉山へ🏔海岸部から近いお山なので雪少との情報。そして去年新しくなったばかりの小屋には薪ストーブ完備🔥初心者🔰の私でもなんとかいってこれるかな?と簡単に考えていたら大間違い💦 1日目ワカン、スノーシューなどの冬装備を持っていない私達は、4合目の畳石からひたすらつぼ足🦵深雪で一歩踏み出すごとに膝まで沈みペース上がらず、結果CTの3倍時間がかかる始末😱なんとか日没前に小屋に到着🏡 2日目小屋から綺麗な朝日を見て感動😭 一晩で体力も回復💪小屋にザックをデポって山頂に向けて出発。最高地点の日の出岩を目指して進むも、深雪に阻まれ無念の撤退😰無理矢理行けば行けそうだったけど、福島からの遠征で帰り道も長い事を考えると時間をかけるのは得策ではないと判断。しかし下りは全然楽勝✨昨日の悪戦苦闘が嘘の様にサクサク進む!今度は昨日の1/3の時間で下山♪ 今回わかった事。 つぼ足で登りは非常に辛い。 ハイドレーションの水が凍って飲めなくなる。 防寒テムレスも指先が冷たくなる。 1300mそこそこならご飯も旨く炊ける。 多少寒くてもガスバーナー普通に使える。 65ℓのザックに荷物一杯に詰めるとかなり重い。 でした。 T先輩運転お疲れ様でした!下山直後助手席で飲むビール🍺は最高でした(`_´)ゞ

  • 20

    29

    03:01

    8.2 km

    629 m

    五葉山-2020-01-03

    Goyozan, Aizensan (Iwate)

    2020.01.03(金) 日帰り

    明けましておめでとうございます🎍 令和二年のスタートは悩んだ末に明日から県道193号が冬季通行止ということもあり昨年行けなかった五葉山に決定🏔 予報では午前☀️も、終始雲が取れず山頂はビュービュー で眺望なし。 まあ、春にまた登りましょう、ということで楽しい山行でした😄

  • 8

    15

    05:20

    7.9 km

    638 m

    五葉山・愛染山-2020-01-01

    Goyozan, Aizensan (Iwate)

    2020.01.01(水) 日帰り

    初日出を山頂から!ということで、五葉山へ とりあえず行ってみるも、さすがにテンクラC 駐車場に着くも、風の音がゴーゴーすごい 行けるところまでと、ライトとアイゼン、そしてゴーグルを付け、風あたりの弱そうな直登コースで登る 5合目あたりから少しずつ明るくなり始めるも、7合目に着くと真っ白で初日出は期待できなさそう 踏み跡もあり、雪もそこまでなく、石楠花山荘に無事到着 管理の方が、トイレは9:00で閉めますとのことなので、ありがたく使わせていただき、山頂へ向かう 日枝神社から山頂へは、猛烈な風で、とにかく顔が痛い、所々ツルツルなので気をつけましょう 山頂に着いたら直ぐに小屋へ戻り、仕込んできたおしるこで温まる 帰りも直登コースで無事に戻りました 今年も素敵な景色を沢山楽しみたいと思います

  • 5

    9

    03:54

    9 km

    644 m

    五葉山・愛染山-2019-12-29

    Goyozan, Aizensan (Iwate)

    2019.12.29(日) 日帰り

    10月からはじめた登山も2ヶ月が経ち、今年最後は五葉山に登りました。 道中は路面凍結のため運転にかなり注意して下さい。 また、足がすっぽり入ってしまうくらいの雪でしたが、皆さんが先に歩いてくれているので登山道はそれほど歩きづらいとは感じません。 靴の中に水が入ることもなく、圧雪などのように滑る場所もなかったので結局アイゼンは使いませんでした。 ただ足元がデコボコなせいか普段より少し体力を使ったように感じます。 今回の五葉山は雲ひとつなく、シンとした静けでまさに別世界でした。

  • 25

    31

    04:45

    8.1 km

    629 m

    五葉山 2019-12-29

    Goyozan, Aizensan (Iwate)

    2019.12.29(日) 日帰り

    (令和2年1月1日追記) 石楠花荘のトイレは、管理困難となるため冬季閉鎖いたしました。水場は現在は出ております。石楠花荘の入り口は通年開いていますが、冬季は凍結しやすくなります。解氷スプレーが効果があるかもしれません。左の入り口はSTAFF ONLYで施錠しています。 (追記ここまで) 年末になってまとまった雪の降った五葉山に登りました。 県道193号の圧雪・凍結が予想されたため、赤坂峠手前の勾配が緩い大船渡側から 向かいました。釜石側も大船渡側も、滑りやすい要注意の路面状態でした。 風弱く晴れ渡った登山日和でした。 積雪は30cm以上、駐車場でも10cm以上積もっていました。 石楠花荘入り口のレールが凍結しやすいです。入り口前の除雪のご協力をお願いします。

  • 19

    62

    04:15

    8.9 km

    206 m

    五葉山(二日目)

    Goyozan, Aizensan (Iwate)

    2019.12.29(日) 日帰り

    昨夜からの強風は、朝になるとだいぶ弱まり、せっかくなので黒岩方面に行って見る事にしました。トレースはありませんでしたがつぼ足でもOKでした。

五葉山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

五葉山周辺の天気

1月の気温

  • 最高気温 7.5
  • 平均気温 -3.7
  • 最低気温 -13

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 01.29(水)

    202

    104

    60%

  • 01.30(木)

    204

    51

    50%

  • 01.31(金)

    201

    4-2

    40%

  • 02.01(土)

    101

    4-3

    20%

  • 02.02(日)

    200

    4-3

    40%

  • 02.03(月)

    201

    2-5

    30%

  • 02.04(火)

    201

    2-7

    30%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(岩手県大船渡市日頃市町字五葉山)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API