読み方:はちまんたい

八幡平

1613 m

八幡平の写真
難易度
1
体力度
1
難易度・体力度とは?

八幡平が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

八幡平の主要ルート

八幡平〜茶臼岳コース

  • 初級
  • 3時間30分
  • 8.2 km
  • 246 m
難易度
1
体力度
1

八幡平頂上バス停を登山口とし、石畳で整備された登山道を進む。樹海を抜け出すとすぐに木製の大展望台がある八幡平山頂にたどり着く。岩手山や鳥海山なども遠望できる。コース案内に従い八幡沼を目指すと、八幡平おなじみの展望所に着く。避難小屋の稜雲荘からニッコウキスゲ、ワタスゲ、コバイケイソウなどの高山植物の咲く木道を進む。八幡平周回コースんはチングルマなどの群生する源太森に立ち寄れる。そこから先を進むと一気に観光客は少なくなり、黒谷地湿原にたどり着く。そのまま登りを進むと茶臼山荘を経て、素晴らしい眺望の茶臼岳山頂にたどり着く。下山は岩手山を前方に稜線を40分ほど下ると、八幡平アスピーテラインの茶臼口バス停に出る。

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

八幡平の基本情報

  • 山頂部に美しい火口湖が点在する活火山
  • 初夏の鏡池では「八幡平ドラゴンアイ」が見られる
  • 大きな眺めの広がる八幡平三大展望地がある

岩手県と秋田県の県境に位置する、その名のとおりのなだらかな山。古代の噴火の影響で火口湖や小さなピークが点在し、夏の花の時期は何とも美しい景観を見せる。県境の登山口から山頂までの標高差はわずか70mほどで、歩行時間は約30分。日本百名山のなかで最も楽に山頂に立てる山のひとつだ。平らな山であり、針葉樹に包まれていることもあって展望はそうそう期待できないが、八幡平三大展望地と呼ばれる山頂東側の源太森、茶臼岳、南側の畚岳(もっこだけ)からは近接する岩手山などの大きな眺めが広がる。また、近年話題となっているのが、山頂近くにある鏡池の雪解け時のみに見られる「八幡平ドラゴンアイ」だ。池水と残雪がつくる巨大な目の玉を見られる時期は5月中旬~6月中旬。

八幡平の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

八幡平周辺の天気

6月の気温

  • 最高気温 23.2
  • 平均気温 13.1
  • 最低気温 2.2

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 06.14(月)

    201

    2717

    40%

  • 06.15(火)

    200

    2417

    40%

  • 06.16(水)

    201

    2516

    30%

  • 06.17(木)

    200

    2516

    30%

  • 06.18(金)

    202

    2117

    50%

  • 06.19(土)

    202

    2717

    50%

  • 06.20(日)

    200

    2817

    30%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(岩手県八幡平市緑ガ丘)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

八幡平周辺の山

YAMAP STORE