読み方:ねこまがだけ

猫魔ヶ岳

1403 m

難易度
体力度
難易度・体力度とは?

猫魔ヶ岳が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

山頂からの景色

猫魔ヶ岳の基本情報

出典:Wikipedia

  • 磐梯山、飯豊連峰などの名峰を間近に見ることができる
  • 雄国山と合わせて登るケースが多い
  • 初夏にはニッコウキスゲの大群落が咲き誇る
猫魔ヶ岳(ねこまがだけ)は福島県耶麻郡磐梯町、北塩原村にある山。標高1,403.6m。 猫魔ヶ岳は磐梯山の西に位置し、猫魔火山が生み出した直径2kmほどの雄国沼カルデラの外輪山にある一峰である。猫魔火山は安山岩質で、100万から40万年前の活動で形成された。50万年前にカルデラを形成する古猫魔火山の北東方向への山体崩壊があり、その後の新猫魔火山の成長により猫魔ヶ岳峰ができた。カルデラ内には広大な湿原を伴う雄国沼があり、初夏にはニッコウキスゲの大群落が咲き誇る。 山名は昔化け猫が住みついて人を食べていたという伝説によるもの、あるいは、食料をネズミに食い荒らされて困っていた 慧日寺の僧がネズミ退治のため猫王を山に祀ったことによるものなどの説がある。それらの伝承に関連するのか山頂の西側ピークには「猫石」と呼ばれる大きな岩がある。また、猫魔ヶ岳は、かつては慧日寺から磐梯山あるいは吾妻山へ行く修験道の経路となっており、多くの修験者たちに登られていた。なお、現在、山の南側はアルツ磐梯スキー場、北側は裏磐梯猫魔スキー場となっている。

猫魔ヶ岳の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

猫魔ヶ岳周辺の山