高御位山(兵庫県)の写真
読み方:たかみくらやま

高御位山(兵庫県)

304 m

コース定数

515

周辺の地図

Loading...
読み込み中...

モデルコース

Loading...
読み込み中...

季節別の活動日記

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

リアルタイムさくらモニター

基本情報

  • 「播磨富士」の別名を持つ山岳信仰の低山
  • 「播磨アルプス」と呼ばれる眺望抜群の稜線が続く
  • 初心者の岩場体験に最適な岩尾根が続く低山

高御位山(たかみくらやま)は、兵庫県加古川市、高砂市の境界に位置する標高304mの低山。その姿から「播磨富士」の別名を持ち、古くから山全体をご神体とした信仰の山として親しまれてきた。この山を中心に連なる馬蹄型の稜線は「播磨アルプス」と称され、砂山や岩山がむき出し、樹木はまばらで極端に低い岩尾根が続く。典型的な老年期の山である。岩尾根というと危険な印象があるが、鎖場やよじ登るような箇所はないので、初心者が岩場を体験するのに最適だ。視界を遮るものがないため、どこを歩いても見晴らしがよい。通年登れるが、日陰が少ないので盛夏の登山は避けたほうがよい。また、岩が濡れているときは滑りやすいので注意が必要だ。山頂には高御位神社が祀られており、断崖の岩場からは播磨平野や淡路島、明石海峡を一望できる。

年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

周辺の天気

5月の気温

  • 最高気温 26.5
  • 平均気温 17.6
  • 最低気温 7

月ごとの気温

最高気温 最低気温

この山を含む流域

YAMAP流域地図 地球とつながる、流域地図。

流域地図とは、地域の生命圏である流域を見える化した地図になります。この山を含む流域を確認してみましょう。

流域地図で確認

周辺の山

山歩(さんぽ)しよう。

山歩(さんぽ)とは、山や身のまわりの自然の中を気持ちよく歩くこと。今すぐ行ける山歩コースや、山歩した気分になれる映像コンテンツを更新中です。

YAMAP STORE