読み方:はっこうださん

八甲田山

1584 m

八甲田山の写真
難易度
1
体力度
2
難易度・体力度とは?

八甲田山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

八甲田山の主要ルート

難易度
1
体力度
2

酸ヶ湯温泉上部駐車場の東端に鳥居がある。ここが登山口だ。序盤はブナ林が続くゆるい坂を登っていく。次第に樹林が途切れ、南八甲田の山並みが見えてくる。細くなっていく沢沿いを登ってくと、仙人岱湿原につく。湿原の木道を進み、中央まで行くと、八甲田清水が湧き出ている。小岳分岐を右手に見送ると、湿原のお花畑が広がっている。7月下旬に花が咲くウサギギクの群落や、3〜4年に一度開花するコバイケイソウが見事である。再び樹林に入るが、すぐに抜けて森林限界に出る。火山礫の急登をすぎ、階段道を登ると八甲田大岳山頂だ。東には噴火口が広がっている。大岳からの下山は、これまで来た道を戻らずに北へと抜け、毛無岱と呼ばれる湿原を散策していこう。いたるところに木道が整備された広い湿原だ。最後は、再びブナ林を歩いて酸ヶ湯温泉に戻ってくる。

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

八甲田山の基本情報

  • 高層湿原に咲く花々。なかでも仙人岱のヒナザクラは必見
  • ロープウェイを利用すれば2時間で連峰の最高点に立てる
  • 山麓には千人風呂の酸ヶ湯温泉をはじめとする名湯が多い

青森県青森市と十和田市などにまたがる八甲田山は、1902(明治35)年の「八甲田雪中行軍遭難事件」で知られる。ひとつの山ではなく、18の峰々で構成される一つの大きな山体の総称である。最高峰である八甲田大岳(標高1,585m)や高田大岳などを中心とする北八甲田連峰と、国道103号を挟んで南に対峙する櫛ヶ峰をはじめとする南八甲田連峰に分かれる。高層湿原に咲く花々から秋のブナや湿原の紅葉、冬の樹氷まで、四季を通じて楽しめる山だ。最高峰の八甲田大岳へは、八甲田ロープウェイを利用する最短コースと、酸ヶ湯温泉を起点とする毛無岱(「岱(たい)」は湿原のこと)経由と仙人岱経由の2つのコースが主な登山道。

八甲田山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

八甲田山周辺の天気

6月の気温

  • 最高気温 24.6
  • 平均気温 13.7
  • 最低気温 4

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 06.21(月)

    200

    2515

    40%

  • 06.22(火)

    202

    2216

    50%

  • 06.23(水)

    202

    2316

    50%

  • 06.24(木)

    201

    2517

    30%

  • 06.25(金)

    200

    2517

    30%

  • 06.26(土)

    200

    2517

    30%

  • 06.27(日)

    200

    2517

    40%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(青森県青森市大字駒込)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

八甲田山周辺の山

YAMAP STORE