読み方:きざん

基山

404 m

基山の写真
難易度
1
体力度
1
難易度・体力度とは?

基山が含まれる地図

Loading...
読み込み中...

基山の主要ルート

基山 登山ルート

  • 初級
  • 2時間11分
  • 5.2 km
  • 325 m
難易度
1
体力度
1

山頂からの景色

データを取得中です。取得には時間がかかることがあります。

基山の基本情報

出典:Wikipedia

  • 脊振北山県立自然公園の一角
  • 脊振山地縦走ルートのスタートの山
  • 基山草スキー場から山頂を目指せる
基山(きざん)は佐賀県三養基郡基山町と福岡県筑紫野市にまたがる標高404.5メートルの山。国の特別史跡基肄城跡が残る。 脊振山地の東端にあたる。北・西・東の三峰があり県境にある北峰が最も高い(414.1メートル)が通常は西峰を基山と呼ぶ。肥前国風土記に「基肄之山」とあるほか「木山」「城山」などと表記された。読み方は「木山口若宮八幡宮縁起」によれば「基八間(きやま)」であったが地元では明治中期ごろまで「坊住(ぼうじゅ)」「城戸坊住」と呼ばれていた。なお、北峰は北帝(きたみかど)と呼ばれるがこれは基肄城の北門が付近にあり「北御門」が転じたものである。1889年(明治22年)、4村合併により「基山村」が成立したころから自治体名との混同をさけるため「きざん」と呼ばれるようになった。山名の由来は霧の転嫁(肥前国風土記)、「椽」の山城(日本書紀)などがある。山頂からは博多湾、高良山、筑後川、大宰府、大野城、有明海などが一望できる要衝にあり、飛鳥時代に大宰府防衛の拠点の一つとして基肄城が築かれた。一帯は脊振北山県立自然公園の一角で、草スキーでも知られている。

基山の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

基山周辺の天気

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

基山周辺の山

YAMAP STORE