あさひだけ(たいせつざん、だいせつざん)

旭岳(大雪山)

2,291 m

難易度
2
体力度
3
難易度・体力度とは?

旭岳(大雪山)の主要ルート

旭岳〜裾合平1周コース

  • 8時間30分
  • 11 km
  • 900 m
難易度
2
体力度
3

旭岳ロープウェイを利用して姿見へ。旭岳登山や御鉢平プチ周遊を行いながら、裾合平をぐるっと周る周回コースだ。旭岳への登山道は砂礫や岩稜の登山道となっている。特筆する危険箇所はないが、注意して登ろう。また、旭岳への登りを除くと、全体的に標高差の小さいなだらかな区間が続く。こういった地形では、視界不良時は道迷いのリスクが高まるので、頻繁に現在地の確認を行うようにしよう。

旭岳(大雪山)の基本情報

  • 圧倒的スケールの空中散歩が満喫できる北海道最高峰
  • 夏には高山植物が咲くお花畑の道をたどる
  • 白い噴煙を上げる活火山。頂上からは360度のパノラマが見渡せる

旭岳(標高2,291m)は北海道の中心部に位置する大雪山系の主峰で、北海道の最高峰でもある。山の名は、忠別川の源にあるところから、アイヌ語で「チュプ・ベツ」(日の川)を「旭」としたもので、旭川市の名の由来も同じである。山麓の旭岳温泉から標高1,600mの姿見駅まで大雪山旭岳ロープウェイが運行され、利用すれば山頂までは2時間半ほど。山頂からは360度の眺望が楽しめ、目前には表大雪の山々と北大雪の山々、遠く日本百名山の阿寒岳や羅臼岳なども見渡せる。姿見ノ池に広がるお花畑の見ごろは7~8月、日本一早いとされる紅葉は、9月中旬~下旬が見ごろ。往復登山でもいいが、御鉢平を経て黒岳への縦走(約8時間)がよりおすすめ。

旭岳(大雪山)の年間登山者分布

※年間の登頂者総数を100とした場合の各月の割合を%で表示

旭岳(大雪山)周辺の天気

6月の気温

  • 最高気温 19.9
  • 平均気温 8.1
  • 最低気温 -6.8

年間の気温

最高気温 最低気温

週間天気予報

  • 05.31(日)

    100

    299

    10%

  • 06.01(月)

    202

    2511

    50%

  • 06.02(火)

    200

    2412

    40%

  • 06.03(水)

    201

    2412

    30%

  • 06.04(木)

    202

    2113

    50%

  • 06.05(金)

    202

    2013

    50%

  • 06.06(土)

    200

    2011

    30%

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもと(北海道上川郡東川町松山温泉)の天気予報です。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日11時ごろと17時ごろに更新)

KCCS API

旭岳(大雪山)周辺の山