景色最高✨
この後どんどんガスが広がってきました。

いつか中アル縦走した〜い😆
下山時には千畳敷カールも天気が良くなってた!
御嶽山に沈む夕陽☀️
ロープウェイを降り、千畳敷より登山スタート。
はじめからヘルメット、アイゼン、ピッケルを使用。ピッケルは職場の方から借りて本日デビュー⛏️
最初はトラバースの為、傾斜ありません。
千畳敷ホテルと千畳敷カール✨
御嶽山が目の前にドーン❗️
途中から傾斜あり。結構な勾配。
雪が締まってれば、アイゼンの前歯が有効ですが、緩いためかえって怖い😨

ピッケルの頼もしさを感じる場面でした。
少しだけ雪が残ってましたが、登山道には、全く雪はありません

モデルコース

木曽駒ヶ岳(千畳敷)

コース定数

標準タイム 03:29 で算出

ふつう

12

  • 03:29
  • 3.5 km
  • 446 m

木曽駒ヶ岳の鉄板コースである、駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅から登山するコース。ロープウェイを降りると、目の前には千畳敷カールと宝剣岳のアルペンな雰囲気抜群の絶景に包まれ、序盤からテンションアップ間違いなし。千畳敷カール周辺は遊歩道が整備されており、観光にも楽しめる。登山者も途中までは遊歩道を歩くことになるが、途中から本格的な登山道となり、岩稜の急坂に差し掛かる。乗越浄土までたどり着けば一安心。この周囲にはいくつかの山小屋が立ち並ぶ。乗越浄土は、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、伊那前岳など各方面への分岐点となっているが、今回はもっとも向かう登山者が多いであろう木曽駒ヶ岳方面へ行こう。中岳を越えた先にあるなだらかなピークが、木曽駒ヶ岳頂上だ。山頂は360度の大展望が広がる。

コースマップ

タイム

03:29

距離

3.5km

のぼり

446m

くだり

446m

標高グラフ

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースの登山口

千畳敷 Google Map

菅の台バスセンターからバスと駒ケ岳ロープウェイを乗り継ぐ。 菅の台より上は一般車の通行禁止、バスとタクシーのみ通行可能。 バス往復で大人1370円・子供840円。 ロープウェイ往復で大人2540円・子供1260円。 バスは片道30分、ロープウェイ片道7分30秒。 混雑時はバス・ロープウェイ共にかなりの待ち時間あり。 https://www.chuo-alps.com/fare/
  • 温泉

    早太郎温泉 こまくさの湯 Google Map

    山麓最寄りの日帰り温泉。露天風呂・サウナあり。食堂も併設。 大人610円・子供300円・バスタオル520円・タオル170円。 http://www.komakusanoyu.com
  • 駐車場

    菅の台バスセンター Google Map

    350台収容、普通車800円・バイク200円・大型バス1500円・マイクロバス1000円。 周辺には合計約1000台の駐車スペースあり。

    駒ヶ池臨時駐車場 Google Map

    菅の台が満車の場合の臨時駐車場。約100台収容、料金は同上。
  • バス停

    菅の台バスセンター Google Map

    伊那バス駒ヶ岳ロープウェイ線でJR駒ヶ根駅より12分、女体入口(高速バス駒ヶ根IC)より5分。 https://www.ibgr.jp/komagatake-ropeway/
  • トイレ

    菅の台バスセンター Google Map

    駐車場横にある公衆トイレ。

    黒川平駐車場 Google Map

    駐車場横にある公衆トイレ。

    ロープウェイしらび平駅 Google Map

    トイレットペーパー完備。売店も併設。

    ロープウェイ千畳敷駅 Google Map

    トイレットペーパー完備。レストラン・カフェ・売店・ホテルも併設。

このコースを通る活動日記

  • 61
    235

    07:47

    6.1 km

    522 m

    雷鳥に会えた♡トロルの舌、宝剣岳

    木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 (長野)

    2024.06.06(木) 日帰り

    石鎚山の予定が 急遽変更し 弾丸 中央アルプス 宝剣岳、トロルの舌へ 睡眠時間2時間の弾丸🚗³₃ 高山病が気になりましたが大丈夫でした。 行きたかったルートは雪があり厳しく ルート変更し 登山開始 それでも 雪があり 前爪10本軽アイゼンも 厳しかった。。。ちゃんと前爪アイゼン持ってきてるのに チェンスパと軽アイゼン チョイスミスやった。 さちびーミッション ✅雷鳥ちゃん ✅トロルの舌 ✅宝剣岳山頂に立つ コンプ 出発0時半 家に着いたら翌0時半 まるまる24時間 楽しい24時間となりました。 ロープウェイは7日より メンテナンスで 運休になります。 6/7(金)~6/20(木)メンテナンス運休

  • 50
    108

    07:10

    4.2 km

    425 m

    中岳・木曽駒ヶ岳(西駒ヶ岳)

    木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 (長野)

    2024.06.06(木) 日帰り

    今日は楽しみにしていたまこのウェディングフォトの日❤︎❤︎ めちゃくちゃ綺麗でうるっときた🥲❤︎ 始終幸せそうな2人を見て幸せを分けてもらいました🥹本当呼んでくれてありがとう🙏🏼🙏🏼 そしておっちーさんとりなさんの人柄も全てが素敵すぎて私も絶対2人にお願いしたいなと思いました🥰 素敵な時間をありがとうございました🥰

  • 69
    100

    08:21

    5.4 km

    476 m

    宝剣岳・伊那前岳・中岳-2024-06-06

    木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 (長野)

    2024.06.06(木) 日帰り

    山友3人で弾丸🚘中央アルプスへ!宝剣岳に極楽平から左巻きで登ろうかと思ってたけど残雪雪渓カチコチで危なそうなんで…千畳敷カールの雪渓を直登💦宝剣岳の岩稜登り&雷鳥🐤観察〜今回のミッションもクリア!ベチャ❄下山でヒヤリ危機一髪😵もあったけど💦無事下山〜アルプス🏔の壮大な素晴らしい景色に一日満喫出来ました!😎

  • 32
    55

    05:55

    4.4 km

    389 m

    伊那前岳の雷鳥

    木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 (長野)

    2024.06.05(水) 日帰り

    伊那前岳で雷鳥に逢えた! 伊那前岳で遭った雷鳥のカップル https://www.youtube.com/watch?v=qjvR4k-RroM 千畳敷カールのイワヒバリ https://www.youtube.com/watch?v=0PNe9x7CRds 残雪の中央アルプスを歩く https://www.youtube.com/watch?v=NeWE6U91Zpc

  • 41
    18

    04:32

    3.8 km

    448 m

    残雪の千畳敷カール、雹と雷のテント泊

    木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 (長野)

    2024.06.04(火) 2 DAYS

    『駒ヶ岳千畳敷カールきっぷ』というものを購入。 高速バスと路線バスとロープウェイが往復で使えるお得な商品。 ネット販売なし。バスタの直接窓口で買う商品。行きと帰りの高速バスの時間を指定しないといけない。 詳しくは電話か窓口で問い合わせたほうがいいと思う。(サイトの説明がわかりにくい) 新宿→中央道駒ヶ根ICで高速バス🚌を降りる。 そこからちょっと歩いて女体入口バス停へ。 路線バスでしらび平駅(ロープウェイの駅)まで。ロープウェイで千畳敷駅へひとっ飛び🪽 千畳敷駅からテント泊予定地の宝剣山荘まで登る。 千畳敷カールは雪がまだ溶けてなく歩きにくい。 残雪の雪はジャリジャリのシャーベット状で個人的にはアイゼンがないと歩きにくいと思った、、、。 チェーンスパイクかアイゼンかそれとも何もなしか。個人の力量で判断するのが良いだろう。 千畳敷駅から約1時間くらいで宝剣山荘に到着。 しかし山荘の人たちはその日は下山するらしくて売店も店舗もトイレ使えず、、、。 時期によるのだろうが事前に確認しておくのがよさそうだ。 山荘で受付を済ませてる間に天気が変化。グラニュー糖みたいな雹が降りはじめ遠くで雷が鳴り出す、、、。山の天気は変わりやすいというが雷はさすがに怖い、、、。 天気が荒れてきたので仕方なくテントで酒のんで過ごす。 後日早朝、木曽駒ヶ岳山頂へ。宝剣山荘から木曽駒ヶ岳までは雪はなかった。 登山道は広くて歩きやすい。晴天だと気持ちよさそう。 木曽駒ヶ岳に登頂後、テントを撤収し再びロープウェイへ。路線バスで駒ヶ根駅へ。 高速バスの時間までスーパーでソースカツ丼買って食ったりしながら時間をつぶす。駒ヶ根はソースカツ丼が名物らしいので事前に調べておいて食べたりするのもいいかも。 アクセス | 中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ https://www.chuo-alps.com/access/ 【セットでお得】高速バスきっぷ各種 | 中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ https://www.chuo-alps.com/highway_ticket/ 駒ヶ根ソースかつ丼 http://www.komacci.or.jp/katsu/

  • 71
    65

    12:46

    4.1 km

    500 m

    6月なのに雪と霰が直撃!悪天候でテント泊した結果…(宝剣岳・中岳・木曽駒ヶ岳)

    木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 (長野)

    2024.06.04(火) 2 DAYS

    初心者の山としていつも目に入るのが木曽駒ヶ岳。絶景で3000m近くあるのにロープウェイを使ってすぐにテント場につくという素敵な場所。シーズンには人が多くテントを張る場所すら足りないとネットに書いてあったためあえて平日の残雪期に行くことにしました。 8月の富士山登頂のためにちょうどいい練習になるからです。 宝剣山荘に連絡したら雪が1mくらい積もっていてクランポンのほうがいい、現在営業はしていないため人がいる午前中まで来て支払いをすることを言われました。 憧れの雪の上でテント泊ができると思ってスコープやクランポン、真冬のダウンも入れてザックを計ったら22kg(それにカメラ追加) 軍隊依頼20kg以上の荷物を背負うのは初めてでした!大丈夫かと思ったけどロープウェイから降りれば1時間で着くし、何も問題ないと判断しました。 3時間ほど寝て東京から出発、約4時間がかかったもののICから3kmくらいですぐに菅の台等駐車場に到着!ちなみにICからでて右折するとすぐに駐車場につくので、コンビニに寄りたい方は左折してセブンイレブンを使ってください。 駐車場は1日800円なのでテント泊の場合は1600円で現金のみでした。 インターネットで事前予約をしてバス+ロープウェイを予約し、バス停で待っていたら17人ほどがバスに乗りました。30分ほど登ったらロープウェイの入口。10分くらいでつきます。 出た瞬間に広がる絶景がかっこよすぎる!しかしそこからクランポン無しでは難しい雪の道が広がります。若い女性2人も遊びに来たみたいだがジンズにスニカー+ハンドバッグのみ。断念して下りるのを見てやはりしっかり準備してきたほうがいいと思いました。 「アイゼンしないと死ぬからね!」と自慢げにいうおじいちゃんの助言に従いすぐにGrivelのクランポンをつけてしっかりしめました…が…なぜかサキッチョが内側に曲がるというか…どんどん広がります。そのまま歩くとサキッチョが浮くような感じでどんだけ締めても変わりません。これ私が下手かも知れませんが誰か教えてくださいT.Tちなみに買ったものそのまま使っていて調整はしていません。持っている登山靴がSIRIOの青いやつですがコバがついてないのでコバがなくても使えるGRIVEL G12 EVO・ニュークラシック GV-RAG12NCEF です。 しばらく歩いたら道が見えません。みんな歩いてる方向を見ると到底道に見えないものすごい傾斜をみんな登っていました。私自身の初めての雪+クランポンでございます。 助言してくれたおじいちゃん夫婦はなぜかそこで引き返し。上級者に見えた二人がなぜおりる選択をしたのかは不明です。しばらく歩くとまた老夫婦がいました。二人はチェーンスパイクで登っていたのですがまた途中で引き返し。ホテルに電話してクランポンを売ってるか確認をしていました。おそらくウクライナ家族に見える3人の外国人がSalomonのハイキングシューズにジャージで軽々しく登っているのを見てすごいなと思いました。しかも奥様は3歳くらいの息子を背負ったまま雪道を歩道橋登る感じで歩いていました! 前に歩いていた女性の方は速いペースでどんどん登っていきすごいなと思いながら私の荷物は多いから無理しないようにして登りました。雪の上を歩くと思った以上に汗をかく、そして紫外線を反射するために顔が痛いです。寒いと思って持っていったネックウォーマーは分厚くて汗をかき、はずすと紫外線から守ってくれません。冬でもクールネックが良いと思いました。 途中から雪ではなく岩場が出ましたがみんなクランポンつけたままに歩くのを見ると、岩で歩いても壊れないものなのかと判断、そして雪がなくなったところでみんなで外したので私も外しました。 予定遅刻より遅れてつきましたがクランポンをつけたり調整したりしたのが原因だと思います。また暑かったので普段以上汗をかきました。 宝剣山荘についたら天気が悪くなると耳にしました。昨日まではいい天気と見たのにこんなにすぐ変わるんだなと思いつつ話を聞いてみると、現在の雲の様子を見る限り積乱雲が近づいて来てるから今日の夜は雷雨や突風が予想されるとのこと。頂上山荘できれいな景色を眺めながらテント泊したかったですが少しでもロープウェイが近い、そして身を避ける壁などがある宝剣山荘を勧めてくれました。私は言う事聞く良い子なので小屋の方の話通りにしました。ここもなかなかいい展望で気持ちがいいところでした!小屋には午後から誰もいないので今の時期に初心者が来るのはよくないなと思います。お水を2Lくれました!とても優しい方でした。 初めて使ったテントはRABのLatok mountainです。シングルウォールテントですが結露に強く、とくに突風などに強いテントだそうです。ただ2kgもするので重い… 少し昼寝をして木曽駒ヶ岳に登ろうとした瞬間、雷がなります。そして雨がどんどん強まりテントをたたく音がなにかおかしい。窓を開けて外を見るとなんと霰が降ってました。BB弾くらいのサイズの氷が大量落ちてきます。いちごシロップがあればすぐにでもかき氷商売ができたのにお客さんは誰もいない…仕方なくずっと待つことに。 16時ごろ止むとYahoo天気の注意報に書いてあったのですがまさにその通りで16時には曇りの状態!絶景は見えないけど登れなくはないと判断し割と近い宝剣岳(往復1時間)に登りました。 でも滑りやすいので注意が必要でした。頂上についたら頂上とかは書いておらず金銭箱のみでした。下りてくる途中黒い雷鳥に遭遇しました。岩の上で羽を乾かしていました。タオルでも貸したい気持ちでしたが私も濡れていたので自分が使うことに決めました。 右側を見るとまた割と近そうな山が見えYAMAPで検索してみたら伊那前岳という山みたいです。 しかし時刻は17時。行ってきたら19時くらいになるし諦めました。 再び雨が降ってきたのでYahoo天気を検索してみたら21時まで強い雨となりました。さっきとまったく情報が変わっている。やはりすぐに信じてはいけない。2時間きざみで確認したほうがいいと思います。ところで今回も雨の音がおかしいです。さささと音がしたので外を見ると雪がびゅびゅふってきていました。雪だるま作れる量が降ってきいたのですが6月に見る光景ではなかったのでびっくり… テントの中で生姜焼き+おでん+プレングルス+辛ラーメン+日本酒+レモンサワー+ビール+ハイボール飲んでいたら眠くなったので就寝。 換気をしないと結露ができやすいと聞いたことがあったのでドアも窓も少しずつ開けて寝ました。 寝るときの体感気温は2度くらい。サーマレストR6のエアマットに850FP 460ダウンのシュラフで寝ました。上下はダウンを着て寝たらちょうどいいくらい。むしろ少し暑かったのでチャックはあけっぱなしで寝ました。11時頃目が冷めましたが左の手だけがものすごく冷たかったです。理由は分かりませんがテント中は絶賛氷キャッスルになっていました。風邪が強いので凍ったと思います。そして料理を作る時から水蒸気がたまっていたためそれが凍ってしまい、結露はどうでもいいと思って全部閉めて寝ました。これでちょうど暖かく寝たと思います。シングルウォールテントを購入したい方は参考にしてください。 2時30分に起きておこげのおかゆを食べて木曽駒ヶ岳に頂上に出発。寒かったのでダウンのままのぼり始めたのですが開始10分で汗をかき、ダウンは全部脱いでハードシェル上下に着替えました。 中岳→頂上山荘まで特に問題なく登ったり下ったり、いよいよ木曽駒ヶ岳の頂上についたらちょうど日が登ってくれました!雨や雷、霰と雪で今回は断念したほうがいいと思ったのですが誰もいない木曽駒ヶ岳は私を特別に受け入れてくれました。本当に感謝しております。 下山する時に2回も後ろにこけました。岩についた氷が溶け始めちょうど滑りやすくなったので登山靴でも力が発揮できませんでした。しっかりスタックで支えながらおりましょう。 戻ってきたら片付け。テントの中が泥で汚く、戻ってから洗う予定で適当に入れました。お酒もお水2Lも食料も減ったはずなのになぜかザックは依然としてパンパン…8時のロープウェイの時間に間に合うように急いで下山します。途中でまたクランポンをつけおりました。今回はあまりずれなかったけどそれはおそらく下山でかかとから踏むからだと思います。平らなところを歩くとやはりすこしずつずれ、最終的にはかなりずれていました。 またクランポンは急勾配のところで足全体的に踏むと、荷物が重いと前にこけそうでとても危なかったです。しっかり後ろのかかとが雪にかかるように歩いたほうがいいと思います。もしアドバイスなどあればご教示くださいT.T 無事下山してホテルでコーヒーを飲んで帰ってきました!とても楽しくいい経験だったので1つも眠いことなく東京まで戻ってきました。これからテント洗います! テント泊が好きな方、一緒に登ってくださる方がいればぜひ気軽に連絡ください^^ ありがとうございます。