糸島方面
最初は植林帯
途中、度々視界が開けて、ホッと一息
原生林になると程なくして
そして雷山。
雷山の周りはぐるっと回れそうですね。
今度ゆっくりと。
なるほど
本富士山。
ここからも福岡方面が綺麗に見えた
富士山
15分程ロードを歩いて登山口へ
沢山、咲いていた

モデルコース

井原山-本富士山-富士山-雷山 縦走コース

体力度
2
  • 4時間12分
  • 6.9 km
  • 621 m
体力度とは?

コースマップ

タイム

04:12

距離

6.9km

上り

621m

下り

595m

チェックポイント

このコースで通過する山

このコースを通る活動日記

  • 19
    19

    04:27

    8.1 km

    614 m

    223座目⛰️富士山ほか

    雷山・井原山 (佐賀, 福岡)

    2022.08.05(金) 日帰り

    友人と日本最高峰に行くつもりが天気予報が優れず断念💦 ここ数日、223(フジサン)座目を富士山にするために頑張って座数を整えていたのに。。悔しいので初登頂の糸島の富士山に照準を😅220座だったので井原山、本富士山を経由し223座目に富士山をゲットしちょっと気分が晴れました🎉 剣ヶ峰はまたいつかリベンジ!! アブと登山道にかかるササに終始悩まされましたが、曇りだったので山頂や尾根は風が抜けて涼しく感じました。井原山、雷山は眺めが良く縦走路も歩きやすいので夏以外は最高だと思います。 虫レベルはアブMAX🐝常に数匹が足元にまとわりついてくる感じでした💦虫除けスプレーは休憩時に振り撒くと数分は効果あるかなという程度でした。

  • 35
    11

    04:52

    8.1 km

    606 m

    井原山・本富士山・富士山・雷山

    雷山・井原山 (佐賀, 福岡)

    2022.07.23(土) 日帰り

    今日はかねてから行きたかった井原山と雷山をソロで歩きました。暑くてバテてしまったけど気持ちよかった。 アサギマダラ、いつも疲れがピークの時にヒラヒラと 現れて癒してくれます。 また行きたいけど運転は片道2時間半。遠いです😓

  • 28
    9

    03:44

    8.2 km

    620 m

    脊振ハイカーの旅 #3  井原山・本富士山・富士山・雷山

    雷山・井原山 (佐賀, 福岡)

    2022.07.17(日) 日帰り

    2度目の1人登山! 初めて縦走計画をつくり、いざ出発! 一座目の井原山でネガティブ出ちゃいましたが…… 何とか計画通りに! 雨上がりの下り、膝だけ用心していたら転倒!しかも、立ち上がって二歩目でまた転倒! 転んだまま、笑っておりました("⌒∇⌒") ケガもなく、ゴールしました!

  • 18
    27

    03:25

    8.0 km

    601 m

    井原山から雷山へ縦走

    雷山・井原山 (佐賀, 福岡)

    2022.07.10(日) 日帰り

    梅雨も終わって毎日暑いですね。暑いけど山に行きたい。山に行きたいけど暑い。 久しぶりにまっくす号で山へお出かけ。 暑いので近場で山頂までサクッと登れて稜線歩きのできるところ。佐賀県側から井原山から雷山への縦走に行って来ました。佐賀県側からは1時間で井原山まで登れて楽ちんです(笑) 紫陽花が綺麗だったなぁ。

  • 14
    16

    02:57

    8.1 km

    644 m

    井原山・本富士山・富士山・雷山 ★九州百名山10座目

    雷山・井原山 (佐賀, 福岡)

    2022.07.10(日) 日帰り

    井原山登山口よりSTART▲ 井原山から雷山へ縦走しました。舗装された道をしばらく登ると樹林帯の中へ。一本道でわかりやすく良い山ですが、井原山山頂付近から雷山への縦走路は、所々藪こぎ状態の道があり、朝露のせいでずぶ濡れになった😢 山頂は、ガスがかかり眺望は今一つ また、晴れの日に登りたいと思います。

  • 15
    15

    02:55

    8.2 km

    609 m

    井原山・本富士山・富士山・雷山

    雷山・井原山 (佐賀, 福岡)

    2022.06.26(日) 日帰り

    天気予報がイマイチだったので今週はどこにも行かない予定だったが、新しいアタックザック(EXPED:Cloudburst 25)の背負い心地を確認するために結局山へ。。。 雨具と貴重品、ペットボトル×2をザックに入れたが容量は余裕があり、背負い心地も悪くはなかったです。 ただ、背中だけでなくお尻まで汗だくでしたが・・・   防水仕様なので雨露の影響は全くないのだが、内部に多少の湿気はあったかも。 中身を出したり入れたりするときに湿気が入るので、こればっかりはどうしようもないですね。   ちなみに井原山山頂では数人の登山者がいましたが、そこから雷山までの縦走では天気の悪い日の昼過ぎだったからか誰にも会いませんでした。 さらに雷山山頂では先行者が下山を開始したこともあって、独り占めでした。