Photo by noramimi

太宰府市

出典: Wikipedia

太宰府市(だざいふし)は、福岡県中西部の筑紫地域に位置する市である。 九州地区の統治組織「大宰府」が置かれた事により栄えた。太宰府天満宮などの史跡が多くあり、毎年700万余りもの観光客が訪れる観光都市でもある。

このエリアについて

掲載されている山

太宰府市, 九州自然歩道

  • 難易度
    1
    体力度
    3

    福岡県筑紫野市と太宰府市にまたがる山で、三郡山地に位置する標高869mの山。信仰の山・宝満山から15分ほどの場所にあり、宝満山と合わせて登られることが多い。登山口はいくつかあるが、竈門(かまど)神社から正面登山道を登り、宝満山、仏頂山を目指すコースが人気。三郡山〜宝満山を縦走するルートにもこの山が含まれるため、多くの登山者が行き交う。詳細は、宝満山を参照。https://yamap.com/mountains/112

  • 難易度
    1
    体力度
    3

    福岡平野と筑豊盆地の間に位置する標高901mの山。一本松公園(昭和の森)から頭巾山を経由し三郡山へ登る登山者が多い。スタートは緩やかな登りで、木々に囲まれ展望はない。急登になり頭巾山の狭い山頂と小さな看板が現れる。山頂は、戦国時代に山城が築かれ、お城の防御施設として堀切と呼ばれる大きな溝が残っている。詳細は、三郡山を参照。https://yamap.com/mountains/16159

  • 愛嶽山

    標高:437 m

    難易度
    2
    体力度
    2

    福岡県太宰府市と筑紫野市にまたがる、標高437mの山。三郡山地の南端に位置している。登山口は竈門(かまど)神社で、宝満山(829m)へ向かうルート上にある。山頂には三等三角点「愛嶽山」があり、祠も見られる。四季を通じて登山者が絶えないが、春のシャクナゲと、秋の紅葉の時期が特におすすめ。詳細は、宝満山を参照。https://yamap.com/mountains/112

  • 天拝山

    標高:257 m

    難易度
    1
    体力度
    1

    福岡県筑紫野市に位置する標高257mの山。手軽に登れる初心者向けの山として人気。この山の名は、平安時代、昌泰の変で大宰府に左遷された菅原道真が何度も登って「自身の無実を天に拝んだ」という伝承に由来する。登山口は天拝山歴史自然公園の利用が多い。この公園の奥には九州最古のお寺「武蔵寺」があり、武蔵寺の手前から続く登山道は「天神さまの径」、公園側の登山道は「開運の道」で、どちらも山頂に続いている。開運の道と天神さまの径には1合ごとに道真公の詠んだ歌碑が設置されているので、道真の心境を追体験しながら登ろう。山頂には展望台があり、筑紫野市をはじめ近郊の市街地を一望できる。基山への縦走もおすすめ。

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    福岡県太宰府市、大野城市、宇美町にまたがる丘陵は「四王寺山」と呼ばれ、大原山は四王寺山脈のピークの一つ(353m)。大城山を中心に、岩屋山・水瓶山・大原山と呼ばれる4つの山から構成され、一帯の山地の総称として四王寺山脈・四王寺山地と呼称されることがある。一帯は古代山城跡となっており、白村江の戦いの翌年である天智天皇3年(664年)、大城山の山頂に大野城が設置されたとされる。中世には岩屋山の山腹に岩屋城が築かれ、戦国時代末期の岩屋城の戦いの舞台にもなった。先人に思いを馳せながら、日本最古の古代山城遺跡を巡る歴史ウォークを満喫しよう。大原山の山頂からの眺望は望めず、かわりに緑の森林浴が楽しめる。

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記