堺市

出典: Wikipedia

堺市(さかいし)は大阪府泉北地域に位置する日本の政令指定都市。 大阪府による地域区分では泉北地域とされるが、市制施行時の堺市域や南河内郡の旧郡域など歴史的に泉北郡ではなかった地域が多く含まれており、他の泉北地域3市1町とは区別されることもある。大阪府内で人口・面積ともに第2の都市であり、人口は2015年4月時点で山梨県・佐賀県・福井県・徳島県・高知県・島根県・鳥取県を上回る。一方、居住人口に比べて昼間人口の割合が低く、大阪市の衛星都市としての特徴も併せ持っている。

このエリアについて

掲載されている山

  • 小笠山(おがさやま)は、大阪府堺市北区に位置する標高29mの山で、大泉緑地内にある。北側に位置する大泉池の沿岸には、時計回りに双ヶ丘(ならびがおか・27.8m)・双子山(ふたごやま・33.3m)・小笠山(おがさやま・29m)・笠伏山(かさぶせやま・29m)と低山が連なっており、手軽に散策することが可能。詳細は最高峰・双子山を参照。 https://yamap.com/mountains/931

  • 双子山(ふたごやま)は、大阪府堺市北区に位置する標高33mの山で、大泉緑地内にある。堺市と松原市にまたがる大泉緑地は、服部緑地・鶴見緑地・久宝寺緑地と並ぶ大阪四大緑地のひとつで、101.5haを誇る広大な敷地を有している。その北側に位置する大泉池の沿岸には、時計回りに双ヶ丘(ならびがおか・27.8m)・双子山(ふたごやま・33.3m)・小笠山(おがさやま・29m)・笠伏山(かさぶせやま・29m)と低山が連なっており、双子山はその最高峰である。山頂周辺の伸びやかな芝生の広場は憩いの場、春には一面の桜で彩られる。

  • 笠伏山

    標高 29 m

    笠伏山(かさぶせやま)は、大阪府堺市北区に位置する標高29mの山で、大泉緑地内にある。北側に位置する大泉池の沿岸には、時計回りに双ヶ丘(ならびがおか・27.8m)・双子山(ふたごやま・33.3m)・小笠山(おがさやま・29m)・笠伏山(かさぶせやま・29m)と低山が連なっており、手軽に散策することが可能。詳細は最高峰・双子山を参照。 https://yamap.com/mountains/931

  • 蘇鉄山

    標高 7 m

    蘇鉄山(そてつやま)は大阪府堺市堺区の大浜公園内にある山。 標高6.97mの築山。山頂には登録名が大浜公園の一等三角点があり、堺市ホームページ内では一等三角点のある山としては日本一低いと記載がある。1879年(明治12年)の大浜公園開園時、大阪湾の展望のための築山として整備された。山頂付近にソテツが植えられている。 山岳会が結成されており、登山認定書を発行している。

  • 金胎寺山

    標高 296 m

エリア近辺の天気

関連する活動日記