高宕山・寂光山・大塚山

出典: Wikipedia

高宕山(たかごやま)は、千葉県君津市・富津市の境にある山である。標高330メートル。すぐ南側の三角点がある標高315.1メートルのピークを高宕山とする資料もある。 【概要】 野生のニホンザルが生息していることで知られ、1956年に国の天然記念物に指定された。国土地理院発行の2万5千分1地形図にも「高宕山のサル生息地」と表記されている。 周辺一帯は千葉県の県有林で、周囲2342ヘクタールが、1935年に県立高宕山自然公園に指定されている。シナノキが自生する。 山頂は眺望が良く、視界がよい時には富士山や筑波山などが見える。 関東ふれあいの道のコース上にあり標識も整備されている。 山頂から少し北側には、高宕観音堂がある。

このエリアについて

掲載されている山

高宕山・寂光山・大塚山・清和県民の森・安房高山・三郡山・山ノ神

  • 石射太郎山

    標高 258 m

  • 高宕山

    標高 328 m

  • 三石山(みついしやま)は、千葉県君津市にある標高282mの山である。房総丘陵の山の一つである。 山頂には山名の由来となった三つの奇岩があり、三石山観音寺が建っている。通称「三石観音」と呼ばれ、古くから航海安全と縁結びに御利益があると云われており、特に漁業関係者の信仰が盛んな寺院として知られている。

  • 安房高山

    標高 365 m

  • 鬼泪山

    標高 319 m

エリア近辺の天気

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す