Ashitakayama, Odake, Kurodake

Shizuoka

出典: Wikipedia

愛鷹山(あしたかやま)は静岡県の富士山南麓にある標高1,504mの山。愛鷹連峰と呼ばれることもあり、狭義にはこの山の南端の愛鷹山峰のことを指す。日本二百名山のひとつ。 【特徴】 愛鷹山は第四紀の成層火山で、箱根火山と同時期に形成された。およそ40万年前に噴火が始まり、10万年前に黒岳溶岩ドームと火砕流を噴出したのを最後に火山活動を終えた。山体はフォッサマグナ地域に含まれ、富士山と同じく、フィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界付近に位置する。位牌岳の西側に火口があったと考えられているが、活動の終息から長期間が経過し、開析が進んでいるため明瞭な火口地形は残っていない。 標高800メートル以上の地域では、ピンク色のアシタカツツジに代表される特有の植物が生育している他、環境省の特定植物群落調査にも選定されたブナの原生林が見られる。季節によってヤマボウシやトリカブトが咲く。南麓には茶畑が多く、東名高速道路が通る。(中略)

このエリアについて

掲載されている山

Echizendake, Yobikodake, Ihaidake,

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。

エリア近辺の天気

サポーターズクラブへの入会で、最大39時間先までの気象情報とグラフが表示されます。

サポーターズクラブに入会

気象予測の数値計算結果を表示したもので、天気予報ではありません。 地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。(毎日18時ごろに更新)

KCCS API

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す