四国遍路その16

出典: Wikipedia

四国八十八箇所(しこくはちじゅうはっかしょ)は、四国にある88か所の空海(弘法大師)ゆかりの札所の総称。単に八十八箇所、あるいは四国霊場という場合も多い。四国八十八箇所を巡拝することを四国遍路、四国巡拝などともいう。 【YAMAP編集部より】 その16は、五十四番霊場「延命寺」から「妙雲寺」までを収録しております。 【注】 1) 四国遍路の道は何種類かあり、移動手段によっても道は変わってきます。YAMAPでは「歩き遍路」に適した道をご紹介しております。ご自身に合った道でお遍路ください。 2) 表記しておりますコース時間は、天候や個人の体力によって変わって参ります。ひとつの目安とお考えください。

このエリアについて

掲載されている山

五十四番霊場「延命寺」から「妙雲寺」までの歩き遍路主要ルート

  • 楢原山

    標高:1041 m

    難易度
    体力度

    楢原山(ならばらさん)は、愛媛県今治市にある山。標高1041m。高縄山系の中央部にあり、蒼社川本流とその支流の木地川に挟まれている。 山頂には1300年前に創建された奈良原神社跡があり、少し下った参道脇には蓮華寺跡の石碑がある。昭和9年、奈良原神社境内の最も高い場所から平安時代末期の全長71.5cmの銅宝塔などが出土し、伊予国奈良原山経塚出土品として国宝指定され玉川近代美術館に収蔵されている。 楢原山に三角点は無く、尾根づたいに南方に位置する古権現山頂上に1003.4mの三角点がある。 今治市玉川町畑寺にある光林寺からは楢原山が遠望でき、本堂に楢原大権現が祀られている。

  • 難易度
    体力度

    唐子山(からこやま)は、愛媛県今治市の桜井町に位置する標高105.3mの山である。 1600年代始めに藤堂高虎が城を移築するまで、国府城が置かれていた。そのため、古墳などが多数発見されている。しかし、一部を除き宅地開発により消失している。 登山道が唐子浜パーク跡地付近から国分公民館付近までつながっており、頂上まで登ることができる。

  • すくも山

    標高:40 m

    難易度
    体力度

  • 福見山

    標高:1051 m

    難易度
    体力度

  • 稔山

    標高:916 m

    難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す