城山・石谷山(びく石)

このエリアについて

掲載されている山

  • 体力度
    1 3

    高草山(たかくさやま)は、静岡県焼津市と藤枝市との境界にある標高501mの山である。 山頂は駿河湾沿岸から3km程と海に近い。一帯は山塊をなしており、静岡平野と志太平野を分断している。東側は海まで山塊が続いており、その端は大崩海岸の絶景となっている。山頂の東側には、幅300mほどの間に、東海道線や東海道新幹線、東名高速道路が通る、日本の東西交通の要所となっている地点がある(日本坂トンネル・石部トンネル)。西側は瀬戸川水系上流域の山塊、そのさらに北西側の大井川上流域・赤石山脈(南アルプス)とつながっている。 高草山山塊はおもにアルカリ玄武岩の枕状熔岩から成り、かつて四国海盆に生まれ、その後本州に付加した海山だと考えられている。 市境が入り組んでおり、全体的に見るとこの山の南側が焼津市、北側が静岡市であるのだが、山頂の北側付近に藤枝市(岡部)が張り出してきている形になっている。焼津市の市境はそのさらに北側で張り出しており、焼津市の北端は高草山山頂から北に2km程の満観峰の頂上である。 最高部は緩やかながら双耳峰となっており、二等三角点(点名「高草山」、標高500.98)が西峰に設置されている。どちらにも無線関係の塔があり、東峰の無線中継所は大きく、特に焼津市内からこの山のランドマークとして市民には認識されている。山頂付近には他に塔がもう一本、神社(高草山権現)、慰霊碑などがある。近年はクリスマスに山腹の公園にて、焼津市内の広くから見える大きなイルミネーションが飾られる。 約1300種の植物が自生している。春に咲く絶滅危惧種のキスミレの数は年々減少しているようだが、地元の人の手厚い保護によって咲き続けている。山腹の一部は茶畑として利用されている。

  • 体力度
    1

    石谷山(いしだにやま)は、静岡県藤枝市瀬戸ノ谷にある山。別名・びく石山。単にびく石と呼ばれることもある。標高526メートル。 藤枝市北西部、朝比奈川水系と瀬戸川水系の間の山地にある。石谷山という本名よりびく石の愛称の方が親しまれているというが、「びく石」は本来この山の山頂にある巨大な角礫岩の岩塊のことを指す。山頂付近にはびく石以外にも「夫婦岩」や「滝見岩」・「がま石」・「富士見石」などの多くの岩が見られる。ハイキングコースとして整備されており、朝比奈川側の同市岡部町新舟(にゅうぶね)や上大沢、瀬戸川側の市之瀬・びく石牧場など複数の登山口がある。 なお「びく」とは茶摘みに使う竹籠のことで、遠方から見ると山頂の形がびくを伏せたように見えるのが山名の由来という。

  • 飯間山

    標高:481 m

    体力度
    3

  • 体力度
    1

  • 体力度
    1 2

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す