五葉山・愛染山

出典: Wikipedia

五葉山(ごようざん)は、東北地方太平洋側にある北上山地南部の山。標高は1,351mで、三陸沿岸の最高峰である。

このエリアについて

掲載されている山

五葉山, 愛染山

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    北上山地に位置する標高1,351mの山。岩手県釜石市と大船渡市、住田町にまたがり、日本三百名山に選定されている。山名の由来は、その昔仙台藩が直轄する山(御用山)だったことや、ゴヨウマツ(五葉松)が茂るから、などの説がある。花崗岩が露出した稜線からは、入り組んだリアス式海岸や奥羽山脈の山並みを一望できる。また、ツツジやシャクナゲの群落を筆頭に高山植物が豊富なため、花の時期は大勢の登山者でにぎわう。山頂へは四方から登山道が延びており、最短時間で山頂に立てるのは南面の赤坂峠登山口から。最高点となる日の出岩は、ヒノキアスナロ・コメツガなどの原生林が暗く苔むした林床をつくる独特の世界が広がっている。

  • 難易度
    1
    体力度
    2

    五葉山(ごようざん)は、東北地方太平洋側にある北上山地南部の山。標高は1,351mで、三陸沿岸の最高峰である。 岩手県住田町、釜石市、大船渡市にまたがる。北上山地では、早池峰山(1,914m)に次ぐ高さであり、また最も海に近いため、山頂からは三陸のリアス式海岸を一望できる。南側に広がる準平原とともに五葉山県立自然公園に指定されている。「五葉山」の名は、阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩、虚空蔵菩薩、愛染明王の五仏を祀る事からとも、藩政時代に伊達藩にとって重要な山であったことから「御用山」と呼ばれていたことに由来するとも言われている。

  • 難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す