可也山

出典: Wikipedia

可也山(かやさん)とは、福岡県糸島市にある標高365.1mの山である。 【概要】 可也山は糸島半島の西部に位置しており、唐津湾に接している。標高は500mにも満たないものの、形の整った独立峰であり、糸島半島の平野部ほぼ全域から望むことができる。その山容から筑紫富士(つくしふじ)、糸島富士(いとしまふじ)、小富士(こふじ)などと呼ばれてきた(郷土富士のひとつ)。 山体の大部分は花崗閃緑岩からなり、昔から良質な石材の産地として知られていた。登山道の中腹部には福岡藩時代の採石場跡が残されている。 この採石場から切り出された石が、福岡藩の初代藩主・黒田長政公によって栃木県の日光東照宮に寄進され、日本最大の石鳥居として使用されている。 登山ルートには、東側から登攀する師吉ルートと、南側から登攀する小富士ルートの二種類がある。いずれのルートも登山道が整備されており、登山口から1時間程度で山頂に到達する。山頂には三等三角点が存在するが、周囲は竹薮に覆われており、展望は望めない。山頂から北西200m地点には可也山展望台があり、ここからは芥屋の大門や弊の松原、能古島や博多湾が望める。

このエリアについて

掲載されている山

可也山

  • 可也山

    標高:365 m

    体力度
    1

    福岡県糸島市にあり、別名糸島富士ともいう。標高は365m。美しい円錐形の山で、東西約4km、南北約2kmに広がり、大部分が花崗閃緑岩からなる独立峰である。ふもと(東側)から山頂まで遊歩道があり、手軽に登れる山としてハイカーに親しまれている。可也山の名の起源は古く、韓国の伽耶山に由来するという。万葉集にも「草枕旅を苦しみ恋ひ居れば可也の山辺にさ男鹿鳴くも」と詠まれ、新羅に赴く遺新羅使たちの心を歌っている。山頂には神武天皇を祭る「可也神社」があり、展望も素晴らしく、眼下には博多湾や唐津湾、天候によっては遠く壱岐の島まで望める。ふもとの小富士梅林には数千本にもなる梅の木が植えられ、2月の開花時期には多くの梅見客で賑わっている。

  • 体力度

  • 女天ヶ岳

    標高:261 m

    体力度
    1

  • 体力度

登山保険

スマホからすぐに入れる YAMAP登山保険

申し込みはスマホだけでかんたんに完了、レスキュー費用+登山中・日常生活のケガも補償する登山保険

エリア近辺の天気

地形や日射などの景況により、実際の山では値が大きく異なる場合がありますので十分にご注意ください。

天気予報は山頂の情報ではなく、ふもとの天気予報です。

関連する活動日記

同じタイプの地図を探す