岡山県立森林公園

出典: Wikipedia

【公園の見所】  園内(334ヘクタール)には、ブナ林や湿原、県境にある千軒平など園内の見所に通じる遊歩道や登山道が整備されており、豊かな自然を幅広い年齢層の方々に満喫していただける公園となっています。  春の湿地には雪解けを待ちわびたザゼンソウが顔を出し、林床にもキクザキイチゲやイワウチワなど、次々に可愛らしい花が咲き出します。山はブナやカラマツの芽吹きでパステル調に淡く色づき、晴れた日の千軒平からは蒜山や大山を望むことが出来ます。  秋には、凛とした空気に包まれ真っ赤に色づいたマユミや、黄金色に色づいたカラマツ園地が来園者の目に飛び込んできます。  雄大な自然の力が感じられる森林公園に是非一度足をお運びください

このエリアについて

掲載されている山

岡山県立森林公園周辺

  • 人形仙

    標高:1004 m

    難易度
    体力度

    人形仙(にんぎょうせん)は鳥取県と岡山県にまたがる山である。 山頂には三等三角点「人形仙」(標高1003.81メートル)が設置されている。 人形仙は東西に連なる中国山地のなかの頂の一つで、南西の津黒山、北東の三国山のほぼ中間にある。山の名前は人形仙越に由来する。江戸時代の『伯耆民諺記』に登場する。「人魚山」、「人形山(にんぎょうさん)」の異名もある。 人形仙越は、倉吉・三朝のある東伯耆と津山を結ぶ「津山往来・伯耆往来」の一つだった。1899年(明治32年)に津山往来に県道(現在の国道179号)が開通したが、このとき県道は人形仙越の北東1kmほどにある「打札越」を通ることになった。1955年(昭和30年)に打札越付近でウラン鉱山が発見されると、翌年からこの鉱山を人形峠鉱山、打札越を人形峠と称するようになった。 岡山県側のなだらかな南東斜面の山麓には人形仙川が発し、旧上齋原村(現鏡野町)で吉井川に合流している。北面の鳥取県側は急斜面で、天神川の支流加谷川をはじめとする小渓流が発している。人形仙周辺は、かつて盛んに鉄穴流しが行われたことで、窪地や崩壊地が多く残っている。

  • 湯岳

    標高:1057 m

    難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

  • 難易度
    体力度

登山保険

1日単位で入れる YAMAP登山保険

週末の登山に、1日280円から入れる手軽なYAMAP登山保険。

関連する活動日記